ぴっぴの防災ブログ

子連れ防災手帳

2014年3月21日

防災手帳

災害は、いつ、どこで、誰と一緒にいて、何をしている時に、起こるかわかりません。 東日本大震災が起こった時の状況は、テレビの映像などで繰り返し見たことを思い出します。でも、あの時、子育て中の親子がどんな状況で何を考え行動したかということまでは、テレビの映像ではなかなか伝わりませんでした。 この本の中には、その一部が、812人の被災ママたちが語ってくれています。思い出すことが辛いということもあったかもしれないのですが、その貴重な体験を伝えてくれている本です。今、子育てしている人や、これから子育てする人には、この本からたくさんのヒントが得られるはずです。 体験した人だからこそわかったことということが、まんがやコラムで分かりやすく書かれています。「そういうところに落とし穴があったのか」 というような気づきもあります。 自分ならどのように備え、子どもには何を教えておくかなどを、自分に置き換えて考えてほしいです。

『被災ママ812人が作った 子連れ防災手帳』

被災ママ812人が作った子連れ防災手帖
つながる.com
メディアファクトリー
売り上げランキング: 137,341

(わかば)

311バナー

本の紹介