ぴっぴの防災ブログ

貴布祢子供会で地域防災訓練

2017年12月28日

毎年12月、貴布祢子供会(1~3区)で地域防災訓練の一環として防災講座を開催しています。今回で6回目でした。初回に小学1年生だった子どもが、今は最上級生になっているのですから、感慨深いものです。訓練は、何度も繰り返すことが大切なので、以前にも参加したことのある子どもたちがたくさん来てくれたことは、とてもうれしいことのひとつです。
また、参加した子どもから「何度も参加しているけれど、こうして時々講座を受けて、防災の知識を復習する必要がある」ということばが出てきたのは、この6年間の成果でもあり、ぴっぴの防災講座の誇りになります。
3.JPG
今年も、いざという時に冷静に判断して行動するために、防災や減災にまつわる知識を身につけ、ワークショップを行いました。
今回は、災害にはいろいろな種類があり、身を守る方法もそれぞれ違うということをお話ししました。また、ワークショップでは、以前もやったことがある「新聞紙でスリッパ作り」を再度行いました。みんなが作りやすいように、新聞紙1枚で作りましたが、これでは元気な子どもたちからは「すぐに破れてしまう」ということばが出てきました。もしも新聞紙でスリッパを作って備えておくようでしたら、4~5枚程度の新聞紙を重ねて折って、丈夫なスリッパを作ってくださいね。
4.JPG
講座終了後には、自治会長さんともお話をすることができました。また来年の講座も依頼していただきましたので、来年に向けて準備していきたいと思います。6年生は卒業されますが、5年生以下の皆さんと、来年もお会いできることを楽しみにしています。

(わかば)
ぼうさいぴっぴ