ぴっぴの防災ブログ

『東京くらし防災』

2020年5月27日

災害時に命を守る行動をとるためには、日頃から物資や知恵を備えておくことが大切です。この本は、私たちが何気なく過ごしている日常生活の中で、ほんの少しの工夫と、ほんの少しの防災意識を持てば、いざという時のための備えがいろいろできるということを、思い起こさせてくれるような本です。

助成や子育て中の人の視点も盛り込まれていること、さらに、音声コード(Uni-Voice)がついているので、視覚障害の方や、日本語を読むのが難しい外国籍の方にもやさしいです。

 電子書籍でも無料でダウンロードできますし、ホームページからダウンロードできます。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1005427/1005746.html

冊子として手に入れたい場合は、販売もされています。

 

ちなみに以前話題になった『東京防災』(東京都総務局総合防災部防災管理課 監修・発行)も、ホームページからダウンロード等できます。

 

電子書籍でダウンロードし、それをスマホやタブレット端末にダウンロードしておけば、ちょっとした“すきま時間”に防災の知恵を再確認することができるのでおすすめです。防災は、日常生活の中で時々思い起こしたり、何かのついでに備えたりしていくことで、小さなことをコツコツと積み重ねていくのが継続のカギとなるかもしれませんね。

(わかば)

 

本の紹介