ぴっぴの防災ブログ

防災に関するぴっぴの活動紹介や報告、防災豆知識、おすすめの防災グッズや図書などを紹介します。

  • 携帯メールで特別警報

    2014年9月5日

     NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile(ワイモバイル)の4社では、気象庁が配信する緊急地震速報や津波警報、国や地方公共団体が配信する災害・避難情報を、特定エリアの携帯に一斉に送信するサービスを行っています。

    先日、広島県では激しい豪雨で大きな被害が出ました。気象庁では記録的な大雨などにより大きな災害が予想される際に発表する特別警報を、緊急地震速報などと同じように、携帯電話各社の協力を得て、緊急速報メールで伝達するシステムを作ることになりました。地域の人たち一人一人が、特別警報を直接受信することにより、すばやく身の回りの安全を守るための行動がとれるようにする仕組みです。来年の夏から秋ごろのスタートを目指しているそうです。

    このように便利な機能ができるのはよいのですが、利用しなければ意味がありません。気象庁のアンケート調査によると、緊急地震速報を受信した手段として、スマートフォンを含む携帯電話で受信した人が7割以上もいましたが、携帯電話が鳴らなかったために緊急地震速報に気づかなかった人がいることも分かりました。

    自分が使っている携帯電話が受診可能な機種かどうか、受信するための設定がしてあるかどうか、確認しでおきましょう。

    また、緊急地震速報を受信する時の受信音はNHKで流れる「チャイム音」とは違う「ブザー音」となっています。(津波警報と災害・避難情報はNHKとは違う音源の「チャイム音」)速報が流れてから、地震の強い揺れが来るまでの時間は数秒から数十秒しかないので、瞬時に身を守るための行動をとる必要があります。「何の音かな?」なとど、気付かないでいるような事のないように、予め受信音を聞いておきましょう。

    気象庁ホームページ:携帯電話での緊急地震速報の受信について

     

    (やまねくん)
    防災豆知識
  • 大雨特別警報について

    2014年8月26日

    9月1日は防災の日です。毎年、この日やその辺りの休日に避難訓練が行われています。

    防災の日は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災に由来して定められました。また、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。例年、この時期は台風の襲来が多いのですが、今年は台風の影響ではない大雨による水害、土砂災害が大きな被害をもたらしています。

    気象庁が、昨年、運用を開始した「特別警報」は今年になって何度か発表されています。「特別警報」とは、これまでの「警報」の発表基準をはるかにこえる、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されるものです。この「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください!と気象庁はよびかけています。

    また、この「特別警報」は警報・注意報などの気象情報と同じく、住んでいる市町村にある防災行政無線や広報車など、テレビ・ラジオから、インターネットなどから広報されます。(防災行政無線や広報車などは大雨などの影響で窓を閉め切っていると気づかない場合がありますので要注意です)

    今回、8月19日深夜から20日未明にかけて広島市安佐南区、安佐北区で起きた局地的な豪雨では「特別警戒警報」は発令されませんでした。狭いエリアで短時間に雨が降ったため、基準に該当していなかったということでした。このように「特別警戒警報」が発令されなくても甚大な被害をもたらすことがあります。小さな子どもが家族にいると判断に悩むこともあるかもしれませんが、過信せずに周囲の様子を気にかけながら、避難所に避難するか、外に出るのが危険な場合は家の中で安全な場所にとどまりましょう。

    参考:国土交通省 気象庁 特別警報について

    <Hiro>

    防災豆知識
  • 「親子防災キャンプ」開催しました!

    2014年8月22日

    8月16日、新津協働センター体育館にて、浜松市 子育て世代の避難所体験事業「ぴっぴの親子防災キャンプ」を開催しました。

    暑いさなか、しかもお盆休みの時期にもかかわらず応募が多数あり、参加者・スタッフ合わせて総勢84名での開催となりました。子どもたちの年齢は2歳から中学生までと、幅広い構成でした。

    参加者の皆さんには、事前に詳細な持ち物リストを渡して「これらを準備してください」と伝えることは、あえてしませんでした。「地震が起きて、こういう状況になりました。必要だと思うものを準備してお持ちください」と伝えるにとどめました。

    さあ、何を持っていくべきか?それを考えるところから、すでにプログラムは始まっています。

    うけつけ

    わずか一泊二日とはいえ、多数の家族がひとつの空間で寝食をともにするのです。炊き出しも参加者が自ら行い、夜は体育館の固い床に寝具を敷いて眠ります。エアコンやシャワーが無いのはもちろん、プライバシーも無いし、テレビやゲームなどの娯楽もありません。

    さあ、子どもたちはどうなるかな?と思っていましたが、みんな、意外と平気な様子。起震車体験や遊びのプログラム、カッパやスリッパづくりなどのワークショップはもちろん、被害想定についての少し難しいお話も、しっかり聞いていました。

    そして夜。ほとんどの子たちが、消灯まもなくスヤスヤと寝息を立てていました。翌朝も、元気いっぱいの子どもたちの姿が印象的でした。

    かっぱ作り

    実際の避難生活と違って、一泊二日で帰れることがわかっているからこそ、非日常気分で楽しめた面もあるのかもしれません。

    そんな中でも、本当に地震が来たときのために、何を備えておくべきか?参加家族の皆さんは、たくさんのヒントや課題を持って帰られたのではないでしょうか。

    この体験を糧に、自らの備えをもう一度確認するとともに、地域のつながりや助け合いを強めるアクションにつなげていただければと思います。

     

    【事業のようすが新聞に掲載されました】

    ◎2014年8月17日 静岡新聞掲載許可済

    静岡新聞

    ◎2014年8月17日 中日新聞掲載許可済

    20140817中日新聞親子防災キャンプ.jpeg

    (ずきんちゃん)

    ぼうさいぴっぴ
  • ねりま防災カレッジ(2)

    2014年8月15日

    7月30日に引き続き、8月6日(水)にも、第2回ということで練馬区の防災学習センターまで行ってきました。

    前回とは違う子どもたちで、小学4年~6年生が対象です。夏休みの課題のひとつとして「防災」をテーマに学ぼうとしてきた子どもたちもいるようでした。

    静岡県とは違って海や川が近くにないことや、比較的地盤がよいそうです。津波の心配がないとはいえ、災害は、いつ、どこで、どんなものが起こるのかわかりません。学校にいる場合や、家族といる場合、ひとりの場合など、それぞれのシーンに合った身を守る方法を知っておく必要がありますね。どんな時に災害に遭うかわからないけれど、ひとつひとつシーン別に学習しました。

    nerima3.jpg

    こちらでは「避難所」というものを、練馬区では「避難拠点」というようで、言葉の違いがありましたが、みんな熱心に、そしてたくさん挙手をして発言してくれました。
    いざという時に冷静に行動するためにも、たくさんの防災知識を身につけ、応用できるようになると安心ですね。

    nerima1.jpg

    後半は、ワークショップです。「今年一番暑かった」といわれるような日が続く中、最後まで集中してカッパ作りとスリッパ作りに取り組めました。

    nerima2.jpg

    練馬区では、日頃から、大人も子どもも、まちの人も区の職員も、一緒になって防災の取り組みを行っているそうです。今回の子どもたちの講座への取り組む姿勢からも、それが伝わってきます。
    防災の意識は、日常生活の中で薄れてしまいがちですが、こうして、定期的にいろいろなところで考えたり訓練したりする場があることは、いざという時のために本当に必要なことだと感じた1日でした。 

    (わかば)
    ぼうさいぴっぴ
  • 『福島第一原発収束作業日記』

    2014年8月11日

    著者は、東日本大震災発災時に、福島第一原子力発電所の作業員として、1F(イチエフ)と呼ばれる現場で作業中でした。それまでにも、2007年の中越沖地震も、柏崎刈刃原子力発電所で作業に経験しています。20年以上原発の作業員という経験があり、事故後の報道などは憶測が多く正確でないと感じたことから、「何とかしてみんなにできるだけ正確な情報を伝えなきゃ」と思ったそうです。そして、Twitterで@Happy11311というアカウントでつぶやき始め、それをまとめたのがこの本となりました。

    福島第一原発収束作業日記 3・11からの700日間
    河出書房新社 (2014-05-02)
    売り上げランキング: 25,264

    誰もが経験したことの無いような状況から、危機感や緊張感が伝わるだけではなく、日頃自分たちが報道されているものを見聞きして、鵜呑みにしてしまっていることが多いのだと気付かされるものです。

    福島第一原発の作業員の日常的な作業については、漫画ですが『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)』を読んでみると分かりやすいです。
    こちらも作者は福島第一原発で復旧作業を行っている作業員です。

    (わかば)

    本の紹介
  • 【ねりま防災カレッジ】講師しました

    2014年8月9日

     7月30日(水)東京都練馬区立防災学習センターで小学4~6年生約50名を対象に、「夏休み子どもカリキュラム」発災から避難までの流れと災害時の適切な行動について、講義とワークショップを行いました。
    ねりま.jpg
    降り立った都営大江戸線光が丘駅のあたりは、住宅団地群。緑も多い街並みです。練馬と言えば、練馬大根をおもいだしませんか。栽培は江戸時代から始まったそうで、この地方の表土は深くて大根栽培の適地だったため、すぐれた大根が生産され、国内有数の産地となったのだそうです。ですから、地震災害が起きるとすれば、地盤も悪くはなさそうで、あえて気になるとすれば高層の建物の崩壊や火事が気になるところで、津波や山崩れの心配もなさそうです。そんなことを考えながら防災学習センターに到着しました。

    カレッジは午後の2時からということで、東京は連日の猛暑で、午後からの講義でもあったため子どもたちも疲れているのではないかと気になっていました。
    4年生を中心とした参加者でしたが、午後のお昼寝タイムと思われる時間帯、よくぞ話を聞いてくれたとやっていながら感心しました。眠くならないようにと問いかけながら話をしましたが、やはり子どもたちにはワークショップで、手や頭を使いながら同じグループの子どもたちと協力して、カッパ作りなどをしたのがいちばんうけたようです。最後まできっちり作らないと気に入らない子どもや意義を知って関心を示してくれた子どもなど、素直で学ぶ吸収力も早かった感じがします。

     子どもたちが帰宅して災害への備えを家族で話合い、ほんとうに起こってしまった時に活かせることが私たちが行っている事業の意義でもあるため、どんどんこうした事業は行っていきたいところです。

     Hiro


    ぼうさいぴっぴ
  • わが家の防災、大丈夫?

    2014年7月29日

    毎日暑い日が続きます。

    夏休みは、日頃なかなか出来ない事を、親子で取り組んでみる良い機会です。

    わが家の防災、大丈夫かな? 家族みんなで見直してみてはいかがでしょう。

    ○持ち出し品 大丈夫?

    この前準備したのは、いつだったかな?

    お子さんは大きく成長しています。オムツや衣類のサイズが変わっているかも知れません。

    食品・飲料の期限は切れていませんか。

    おじいちゃん、おばあちゃんの常備薬、変わっていませんか?

    家族写真のおとうさん、おかあさんはいつまでも若い(?)けれど、子どもたちはすっかり見違えているかもしれませんね。

    今の家族に必要になった物、必要ではなくなった物があるはずです。防災グッズの使い方を試してみるなど、持出し品袋の中身を確認してみましょう。

    ○夏休みの居場所 大丈夫?

    災害が起こった時の学校や幼稚園、保育園などからの引き取り訓練は、防災の日などに実施していることが多いと思います。また、通学路については、どの道を通っていて、どこに危険があるかなど、日頃から家族で確認していると思います。

    夏休みについてはどうでしょう。公園やお友達の家、図書館、習い事など、いつもとはちょっと違った行動範囲になりそうですね。どの道を通るのか、危険箇所はないのか、子どもたちと一緒に歩いてみるといいですね。

    また、出掛ける時は行き先と帰宅時間を告げるように習慣づけましょう。災害だけではなく、防犯面でも心配事は最小限にとどめたいものです。

    ○ちょっとした不便を体験してみよう

    アウトドア・キャンプでは電気・水・道具などの使用を限られた中での生活となります。不便を経験することにより、色々なアイデアが湧いてきて、代替え品や、違った利用法を考えて、頭が柔軟に働き始めます。この柔軟さが、災害時の対応に役立ちます。

    家の中でもチャレンジできます。例えば「なるべく電気を使わない生活」(くれぐれも熱中症にはご注意ください)「一日テレビなし生活」「節水生活」(くれぐれも熱中症にはご注意ください)「手作り食器生活」「超簡単ごはん生活」など・・・

     夏休みがチャンスです!

    それぞれの家族で気になっている事を、チェックしてみてくださいね。

    <やまねくん>

     

    防災豆知識
  • アレルギー患者の災害時対応を考える

    2014年7月21日

    食品の摂取により発症する食物アレルギー患者の増加が社会問題にもなってきていますね。以前、乳製品にアレルギーがある小学生の女児が給食を食べた直後に死亡したというニュースは記憶に新しいですが、文科省が昨年の平成25年に調査した「学校生活における健康管理に関する調査」[1](アレルギー疾患部分に関して)調査対象児童生徒数合計 10,153,188 人(28,958 校)による結果報告から見ると、小学校から高等学校までの生徒で食物アレルギー疾患のり患者数は全国で453,962人ほどいると言われています。

    近年、食物アレルギーも様々な食物に対してアレルギー反応を示すことがわかってきて、アレルギーに気づいていれば家族が注意するなど対処はできるのですが、まったくアレルギーと気づかないで調子が悪い、原因不明で扱われる場合もあるようです。

    このような中で、災害時はとてもたいへんな状況に陥ることは明白です。もちろん備蓄は大切なことですが、アレルギー除去食品を常に持ち歩いているということは困難です。

    もしも、災害に遭って避難所生活を強いられてしまったら?支援物資の中にアレルギー反応を起こしてしまう成分が含まれていたならば?アナフィラキシー反応を起こしてしまうかもしれません。自分がどんなアレルギーを持っているのかを把握しておくことは自分の命は自分で守るということにつながります。まずは検査をしておきましょう。

    また、アレルギー対応のアルファー化米が備蓄してある自治体についてご存知でしょうか?アルファー化米備蓄をしている自治体についてはNPO法人アレルギー支援ネットワークのWebサイト[2]に掲載されています。これから見ても決して多くはありません。

    “お住いの自治体に、アレルギー対応の食糧が備蓄されていない場合は、是非、備蓄の検討をしていただけるように要望をだしましょう>NPO法人アレルギー支援ネットワーク”

    災害時、緊急の場合、どうしても備蓄品を持ち出せない場合もあります。こうした要望はいつ起こるかわからない災害と言えども生死にかかわることにもなりかねません。ぜひ、出されることをお勧めします。

    参考:

      [1]「学校生活における健康管理に関する調査」の中間報告

      [2]NPO法人アレルギー支援ネットワーク  アルファー化米備蓄について

    <hiro>

     

  • 南区で「ぴっぴの親子防災キャンプ」を開催します

    2014年7月14日

    来る8月16~17日に、「ぴっぴの親子防災キャンプ」(浜松市南区委託事業)を開催します。

     防災きゃんぷ

    防災キャンプとは、どういうものでしょうか。

    静岡県の公式ホームページによると、各地域において想定される災害や被災時の対応等の理解、学校等を避難所とした生活体験などの防災教育プログラムを実践するキャンプのことです。

    今回、南区の新津協働センター体育館を避難所と考えて、実際に親子20組で1泊してみます。

    避難所では、どんなことが起こるでしょうか。

    広い空間に、大勢の人が集まります。

    食事も睡眠も、普段の暮らしとは全く違う様子になります。

    プライバシーも十分確保できないでしょう。

    そんな状態をリアルに体験してみて、はじめて「普段の暮らしの中で、どんな備えをしたらいいか?」「いざという時、どう行動すればいいのか?」ということへの気づきがあるのではないでしょうか。

    もちろん、これは訓練としての防災キャンプですから、恐怖も悲しみもありませんし、

    キャンプが終われば家に帰って、お風呂に入ったり、好きなものをを食べたりできます。

    「この避難生活はいったい、いつ終わるのだろう?」そんな不安もありません。

    だけど、実際の避難生活では...、

    そんな想像力を働かせれば、もっともっと実り多い体験になると思います。

    もちろん、ぴっぴオリジナルの楽しいワークショップや、わかりやすくてためになるお話もふんだんに盛り込んだキャンプです。

    夏休みだからこそできる貴重な体験として、ぜひ、親子で参加してみませんか?

     ◎詳細・お申し込みはこちらから

    (ずきんちゃん)

     

     

    ぴっぴからのお知らせ&募集
  • 『がんばっぺ!アクアマリンふくしま』

    2014年7月11日

    『がんばっぺ!アクアマリンふくしま ~東日本大真意から立ちなおった水族館~』

    がんばっぺ!アクアマリンふくしま―東日本大震災から立ちなおった水族館
    中村 庸夫
    フレーベル館
    売り上げランキング: 288,363


    東日本大震災で大きな被害をうけた、福島県いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」。
    津波により、水族館の生命線である電気が停止し、たくさんの生きものの命が失われてしまいました。
    アクアマリンふくしまには、およそ750種類、20万点もの生物が飼育されていました。地震や津波により、たくさんの水槽が壊れ、流され、たくさんの生物も被害に遭いました。
    しかし、たくさんの苦難を乗り越えて、その半年後の7月15日に営業を再開しました。
    この本では、東日本大震災が起こった日の飼育員や飼育生物たちの様子から書かれています。生き残っている生物を救うために、限られた燃料をどのように使うかという決断をする場面もあります。
    アクアマリンふくしまの飼育員たちの苦労や、海獣たちの一時避難先となった数か所の水族館の協力など、生物たちの命を救うためにたくさんの人たちの努力があることに、感動します。そして、災害は容赦ないのだということにも気づかされます。
    将来、水族館の飼育員になりたい子どもたちには、飼育員さんの仕事などもわかりますから、ぜひ、読んでみてください。 

    (わかば)


    ☆参考:
    アクアマリンふくしま ホームページ


    本の紹介
  • 「歩未とばあやんのシャボン玉」

    2014年7月7日

    『いのちつぐ「みとりびと」(5)
     歩未とばあやんのシャボン玉〜仮説にひびく「じいやん、ねんね」〜』


    南相馬市の仮設住宅に住む老夫婦に、笑顔の花がときおり咲きます。となりまちに暮らす孫の歩未ちゃんが会いにくるからです。
    東日本大震災で、歩未ちゃんのじいやんとばあやんは、自宅と田畑を失い、1年あまり避難所を転々として、やっと今の仮設住宅に落ち着きました。しかし、がんにかかっていたじいやんは、仮設住宅で寝たきりになりました。
    2013年に入ってすぐ、じいやんは亡くなりました。
    じいやんが亡くなったのは、震災が起こってから1年以上たっているというのに、市内の葬儀屋はいっぱいで入れず、埋葬まで何日も待たなければならなかったそうです。仮設住宅では、これまでの地域のつながりも途切れてしまったことから、あたたかい看取りもかなわないそうです。
    この本に出てくるばあやんのように、今は仮設住宅に落ち着いているけれど、数年後には仮設住宅も出なければならないかもしれないということで、不安を抱いている人もたくさんいるのですね。

    東日本大震災が起きて3年以上たった今、その記憶が薄れていったり、意識する機会が少なくなってきたりしていませんか?被災地では、震災が起こる前の日常をまだまだ取り戻せていないところもあることを、これらの本から知らされます。 

    わかば
    本の紹介
  • 災害ボランティアコーディネーターに求めること

    2014年6月30日

    5月31日(土)浜松市福祉交流センターで行われた災害ボランティアコーディネーター養成講座で講師をしました。

    養成講座

    私の担当は2日目【セミナー4被災とは?I】~混乱期の支援活動を学ぶ~でした。災害ボランティアコーディネーターに知っておいてほしいことについて話しました。それは、以下、災害時要援護者、特に当団体の対象は妊婦、または乳幼児持つ家庭ですので、この人々が東日本大震災時にどんな困難な状況に陥ったのかを、2011年の震災から半年後に行った調査をまとめたものを基にしました。

    災害ボランティアコーディネーターの仕事は、災害時にボランティアセンターが立ちあがったら、ボランティアに来た人々とボランティアをしてほしい人とのつなぎ役であり、交通整理をする人でもあります。そこには様々なニーズがあり、様々な状況が生まれます。一概に災害時要援護者と言っても、日本語がわからない外国人、介護を要する高齢者、障がいを持った人、そして、乳幼児家庭などいろんな人たちがいます。できるだけ多くの人々についてどんなニーズや課題があったのかを知るだけでも、災害時が起こった時に、対応の方法が変わってくるかもしれません。

    例えば、母乳をあげていたおかあさんが、震災のショックで母乳が出なくなってしまったので、ミルクが必要になったとします。母親だから母乳が出て当たり前と思わないこと、ミルクを与えるにも、ミルク缶だけが必要ではなく、それを溶くためのお湯、哺乳瓶、洗うための水などが必要になること、そして、何より、あかちゃんは泣くものだということなどを理解しておいてもらいたいのです。避難所などでは、要援護者が時に同じ被災者からの非難にさらされ、避難所にいることすらできなくなる場合があります。

    この場合、災害ボランティアコーディネーターがボランティアを単に派遣するパイプ役だけではなく、要援護者について適切な理解をしていれば、ニーズにあったボランティアが派遣されます。障がいを持った人、高齢者に対しても同じことが言えるでしょう。災害時のボランティアに求められるのは力仕事ばかりではありません。困っている被災者を助けることが本来の意図ではないでしょうか。

    そういった意図が参加者に伝わっていれば幸いです。Hiro

    参考:浜松市社会福祉協議会の事業レポートが発行されていました
    http://www.hamamatsu-syakyou.jp/upload/contents/document/497/document.pdf

     

    講座・講演
  • ETSUブルーグラス・プライド

    2014年6月24日

    6月18日(水)19:00~浜松市楽器博物館・天空ホールで開催された、ETSUブルーグラス・プライドというコンサートへ行ってきました。楽器博物館主催のレクチャーコンサートで、東テネシー州立大学(ETSU)の学生たちによる演奏です。この大学は米の州立大で唯一、ブルーグラスやオールドタイム、ケルトやカントリーなどを専攻科目として学位を取得できるため、全米から若手の素晴らしいミュージシャンらが集まり、現在は40バンドが活躍しているといいます。

    東テネシー州立大学ブル―グラス.jpg

    2011年4月7日、テネシー州で開かれた毎年恒例のETSUコンサートでは、当時ETSUの日本人学生と各学部との繋がりで「日本の津波、地震の募金」を呼掛け、その収益を東北大学ブルーグラス同好会に寄付しています。一番必要とされている人々に寄付金が届くよう、最良の選択をとの思いが込められていました。東北大学のメンバーは、ブルーグラス音楽を愛している仲間からの国境を越えた厚意に感激し、最大限に有効活用するため、「私達に出来ることを一つひとつやっていきたい」というコメントを残しています。

    今回の日本ツアーでは仙台・東京・名古屋・広島など各地を回りました。勿論、東北大学のメンバーたちと交流を深めたようです。残念ながらコンサートは22日で終了しました。このような縁を知っていたら、もっと早く皆さんにご紹介できたのにと、残念でなりません。

    大きな組織が動いたり、ニュースや新聞で大きく報道されたりする支援だけではなく、多くの地域から様々な気持ちのこもった支援が数多く差し伸べられていたに違いありません。今でも引き続き支援を頂いていたり、交流が続いてたりしている事もきっとたくさんあるのだと思います。報道されない部分は知る由もなく、後から知って、胸が熱くなりました。

    さて、コンサートは、ベース以外は楽器(ギター・バンジョー・ドブロ、フィドル、フラットマンドリン)も歌もすべてアンプラグドでした。日本に初めて伝来したアメリカンミュージックのひとつ、「Oh!Susanna」に始まり、ブルーグラススタンダードの「Lonesome River」や、「Foggy Mountain Breakdown」など、さりげなく引きこなしているようですが、実は超絶技巧。学生さんらしい、清々しい演奏と歌でした。

    今後、また来日の予定があれば、今度は逃さずお知らせしたいと思っています。

    <やまねくん>

     

     

    見聞録・体験記
  • 絵本「あの日 ~おおつち保育園 3.11~」

    2014年6月16日

     

    あの日

    岩手県おおつち保育園の絵本が届きました。

    4年目を迎えた東日本大震災。記憶が遠くになっていませんか?あの日、テレビの映像に映し出された東北の姿は怖かったけれど現実でした。

    その「あの日に起きた出来事、そしてその後」についておおつち保育園の園長が子どもたちの様子を語ったものを静岡市在住の日本画家の森谷晶子さんが絵・再話を行い、「静岡うみねこの会」が監修しています。

    被災したのはもちろんおとなばかりではなく、小さな子どもたちもそれなりに大きな喪失感や痛手を負っていることが描き出されています。そして子ども自身も子どもなりに受け入れ心が次第に開放されていく姿があります。人が悲しみを受け入れていくのは、こんなふうでもあるのかと感じさせてくれる少しおとなの絵本です。

    この絵本は書店で販売されておらず、「静岡うみねこ会」にFAX、または郵便で申込すると手に入れることができます。1冊600円

    問合せ・申込先 〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-70 

            NPO法人 静岡県ボランティア協会内 静岡うみねこ会

            TEL:054-255-7357  FAX:054-254-5208

    <Hiro>

  • 災害支援にジェンダーの視点を

    2014年6月10日

    被災すれば、誰もがとても大変な思いをします。ですが、その中でも多様な人々がいて、特に弱い立場になる人々が存在します。

    そうした脆弱(ぜいじゃく)性の高い人々、特に女性の権利が満たされる環境づくりを目指し、ジェンダーの視点をしっかりと取り入れた防災(復興)対策・体制を普及させていくことを目的に設立された組織があります。今年4月に設立された「減災と男女共同参画 研修推進センター」(東京都文京区)です。

    この前身である「東日本大震災女性支援ネットワーク」が発行した『こんな支援が欲しかった!~現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集』は、東日本大震災の支援活動にあたったさまざまな団体の経験から得られた支援事例を集めた冊子です。

    事例の中には、乳幼児など小さい子どもをもつお母さんの負担・不安を軽減するために行われた支援の例が多数収録されています。例えば、被災地の過酷な環境から、赤ちゃんと家族を一時的に被災地外に避難させる「赤ちゃん一時避難プロジェクト」。また、避難所で小さい子どもを持つお母さんの手を空けるために、子どもの預け合いを行った例。

    お母さんに限らず、女性には災害時、特有の危険や困難さが増します。帰宅困難に陥った女性のために、ツイッター等を通して情報を流し、安心して滞在できる場所を提供した例。また、女性を起点とした支援が必要との観点から、「女性支援センター」が設置された例もあります。

    同冊子の前書きに、考え方を端的にまとめた文章があるので、一部抜粋します。「災害にあった方々は『被災者』と一括されがちですが、性別、性別自認、年齢、障がいの有無、国籍や母語の違い、家族構成や就労状況によって必要とされる支援は異なります。『多様なニーズに配慮した支援を行っていますか』という私たちの問いに、多くの皆さんは『専門の職員がいないからできない』とおっしゃいました。女性支援は女性団体、障害者支援は障害者団体、と感じておられるようですが、専門性を持った団体でないと、多様なニーズに応えられないのでしょうか?~中略~実際に災害が起きた時、すぐ現場で支援を始め、復興段階まで長期的に関わるのは、地域の組織・地方自治体・支援団体です。各地で専門の団体を待つよりも、だれもが多様性に配慮した支援ができるようにすることのほうが大切です」

    ◎『こんな支援が欲しかった!~現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集』

    冊子の内容がネットで閲覧することができます。(こちらのサイトからPDF版がダウンロードできます)

    減災と男女共同参画 研修推進センター

     母子

    ☆ずきんちゃん☆

     

  • 浜北でこらぼ講座

    2014年6月6日

    みなさんは、「こらぼ講座」を知っていますか?
    浜松市役所ユニバーサル社会・男女共同参画推進課が、男女共同参画についての学習会を開催したい団体に、無料で講師を派遣している講座です。


    ぴっぴも、『地域の防災力アップ講座』の講師として、要請があれば派遣されます。
    昨年度は、早出町自治会より依頼があり、防災に関する講話を行いました。


    今回は、浜北区の小中学校の事務の先生方の研修会におじゃましました。

    浜北こらぼ1

    災害が起こると、小中学校の体育館などが避難所となることから、先生方もいざという時に避難所ではどのような状況になるのか、熱心に受講されていました。
    普段から学校では、避難訓練や引き渡し訓練などが行われています。災害は、どんな時にどのような災害が起こるのかわからないものなので、いろいろな場合を想定してシミュレーションしておくことが大切です。
    いざという時に冷静に判断して行動するには、日頃の訓練や災害時に役立つ知識が必要です。東日本大震災が起こってから3年経った今だからこそ、もう一度自分や家族、職場の災害時への備えを確認してみませんか?

    浜北こらぼ2

    「こらぼ講座」のお申し込みは、浜松市役所ユニバーサル社会・男女共同参画推進課(電話:053-457-2561)にお願いします。


    (わかば)
    講座・講演
  • 本の紹介「大震災を生き抜くための食事学」

    2014年6月2日

    『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学
     ~3・11東日本大震災 あのとき、ほんとうに食べたかったもの~』

    東日本大震災の時には、電気・ガス・水道などのライフラインが寸断され、復旧までに何日もかかり、備蓄している食料がだんだん少なくなっていく事に不安を感じたり、すべてを流されてしまったのに十分な支援物資が届かずに辛い思いをしたりした人がたくさんいました。
    著者である食品学・栄養学の准教授も、東日本大震災の被災者のひとりであり、被災した経験を通して考察した災害時に本当に必要な食事をわかりやすく紹介しています。

    仙台のラジオ放送局「Date fm」が行ったアンケート調査で、「震災の1日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか?」の回答で1位は「物資の調達」で92.8%、2位は「避難・対策の実施」20.4%だったそうです。
    この結果から、被災者にとって、食事に不安を抱えることや満足な食事ができないことがストレスであり、備えとしてやろうと思えば誰にでもできることが不足していたことにより後悔したのではないかと思われます。

    避難所で配布された支援物資は、おにぎり・菓子パン・カップめんがほとんどで、栄養のバランスなどは二の次だったという話を聞いたことがあります。女性に多い便秘症の人には、被災したストレスなども加わり、余計にひどくなることもありました。3月のまだ雪の降る時期に寒い避難所で、体調を崩しやすくなったそうです。

    筆者は専門家の視点から、栄養バランスの整う備蓄品として、保存できるものの中でどのようなものがよいのかを紹介してくれています。
    また、その人の年齢・性別や体質などにより、どのようなものが良いのかも違ってくるそうです。これらは参考にして、今後の備えに役立てたいと思います。 (わかば)

    本の紹介
  • 釜石の“奇跡" ~子どもたちが語る3.11~

    2014年5月28日

    釜石市は太平洋に面した海沿いの市です。
    2011年3月11日に起こった東日本大震災で、多くの大人が犠牲になる中、小中学生の生存率が99%だったことは、“釜石の奇跡”として多くのメディアでも取り上げられています。

    地震発生時、すでに下校していて、友だち同士で海釣りをしていた小学生が、どのように判断し、津波から逃れることができたのか?

    「早く逃げよう」という子ども。「この家までは津波がこないから大丈夫」という大人。結果、正しかったのはどちらだったのか?

    いくつかの事例を子どもたちの証言をもとに、アニメーションをまじえて再現したDVDがあります。

    釜石市の小中学校では、東日本大震災以前から、群馬大学大学院教授・片田敏孝氏の指導のもと防災教育に取り組んでいました。
    そこで教えられていた「避難の三原則」

    1. 想定にとらわれるな
    2. 最善を尽くせ
    3. 率先避難者たれ

    これらを実践し、自分たちだけでなく周囲の大人への働きかけをした子どもたちは、本当にお見事で、釜石の子どもたちに見習わなければいけないこともたくさんありました。幼少時からの継続した防災教育の大切さも改めて実感しました。

    このDVDは、浜松市の図書館でも借りることができますので、興味をもたれた方はぜひ見てくださいね。

    釜石の“奇跡
    NHKエンタープライズ (2013-04-26)
    売り上げランキング: 13,437
    本の紹介
  • あの日~おおつち保育園3.11~

    2014年5月21日

    2011年3月11日、岩手県大槌町の「おおつち保育園」の被災時の様子やその後の事について、一冊の絵本が出来上がりました。

    津波

    震災当日、大槌湾から襲ってくる津波から園児を守るために、八木澤弓美子園長は113人の園児を散歩用の台車にのせて、高台避難を行いました。予め避難所と決めていたコンビニエンスストアで約70人を保護者に引き渡した後、保育士やスーパー従業員らの協力を得ながら、園児をおぶったり、抱えたりして、さらに山の傾斜を登り、全員命拾いをしました。

    八木澤先生の語りをもとに、日本画家の森谷明子さん(静岡市在住)が絵と再話をまとめたものです。監修を担当した「静岡うみねこの会」は東日本大震災をきっかけにおおつち保育園と関わりのあった静岡市内の小学校教員、幼稚園教諭の方たちが作った会です。

    忘れてはならない震災の記憶をしっかりと記録に残したいという想いと、いかに命を守るかという教訓を防災教育に役立てて行かなくてはならないという想いが詰まった絵本となりました。

    あの日~おおつち保育園3.11~

    発行日:2014年3月11日
    話:八木澤弓美子
    再話・絵:森谷明子
    監修:静岡うみねこの会
    制作協力:NPO法人 静岡県ボランティア協会
    ソフトカバー 全38ページ カラー印刷
    1冊600円 +  送料100円

    ※静岡県内の書店では販売されません。
    ※制作協力した静岡県ボランティア協会の事務局のみの取り扱いとなります。
    ※問合せ・申込先
    〒420-0856 静岡県葵町駿府町1-70 静岡県ボランティア協会内
    静岡うみねこの会
    Tel:054-255-7357
    Fax:054-254-5208

    <やまねくん>

    本の紹介
  • 子どもとともに

    2014年5月14日

    東日本大震災から3年が経過しました。

    喉元過ぎれば熱さ忘れるということわざがありますが、あれほど日本は痛い目にあったにもかかわらず、被災地でなかった私たちは、毎日の生活に追われて忘れがちになっているのではないでしょうか。

    子どもとともに

    被災から半年後、災害の現状についてヒアリングをさせていただいた仙台市青葉区にある特定非営利活動法人 チャイルドラインみやぎ 代表理事の小林純子さんより「子どもとともに 東日本大震災被災地子ども支援NPO 三年の歩みと未来への提言」という本を送っていただきました。当時、多くのNPOや任意団体を束ねて子どもたちの支援に回っておられ多忙な時間を過ごされており、恐縮しながらお話をうかがったことを覚えています。支援物資の仕分けなどの話もさることながら、子どもたちの現状を伺い惨憺たる気持ちになったことでした。

    この本には発災直後からの子どもたちの様子からその後の支援について、いくつもの団体の方々の報告も含めて書かれています。小林さんは「大きな災害は、それまでにあった問題をあぶりだす。」と言っています。そして、さらに「大きな災害が起きたとき一番被害を受けるのは弱い立場の人々‐子ども・女性・高齢者・障害者など‐であった」とも。これは、災害で支援をされてきたNGO,NPOの方々も同様のことを言っておられました。

    災害が起きたときに直面する問題だからこそ、リスク回避のためにも日頃からの備えがたいせつだということを肝に銘じて、東日本大震災が起きる以前、2006年より自主事業「子どもを守る防災プロジェクト」で活動してきた私たちは一層、地域との連携や災害時要援護者への理解を深めるための活動を実施していきたいと考えています。

    子どもとともに 

    ~東日本大震災被災地子ども支援NPO 三年の歩みと未来への提言~

     発行日 平成26年3月1日 

    発行者 特定非営利活動法人 チャイルドラインみやぎ

    忘れない3.11

     

    忘れない3.11
  • 【募集情報】災害ボランティアコーディネーター養成講座

    2014年5月5日

    災害ボランティアコーディネーターの訓練の様子.JPG

    「災害ボランティア」という言葉はよく耳にします。では、「災害ボランティアコーディネーター」はいかがでしょうか?

    大規模災害が発生すると、被災地に災害ボランティアセンターが立ちあげられ、全国から集まったボランティアの人々が被災者支援活動を行います。
    災害ボランティアコーディネーターは、そうしたボランティアの人々を受け入れ、被災者のニーズとボランティア活動の調整を図るという役割を担います。

    浜松市では、各区で災害ボランティアコーディネーター連絡会があり、定期的な会合や自主訓練を行っています(写真は中区・東区災害ボランティア合同訓練の様子)。
    また、浜松市社会福祉協議会が毎年、新規で災害ボランティアコーディネーターを志す人を対象にした養成講座を開講しています。
    平成26年は5月24日(土)、5月31日(土)、6月7日(土)に開催されます(募集期間は5月23日まで、定員になり次第締切り)。

    3日間全て受講できることが受講要件なので、子育て世代が受講するには、子どもを預かってもらうなどの準備が必要かも知れません。
    ですが、被災時に特別な助けが必要となる子育て世代のことを、災害ボランティアコーディネーターの方々にひろく知ってもらうためには、当事者である子育て世代自らが参画していくことがとても重要です。
    防災に関心のある方、「今の私たちにできることは何だろう?」と考えることがある方、ぜひ参加を検討されてみてはいかがでしょうか。

    ■開催日時:平成26年5月24日 ~ 平成26年6月7日   10:00 ~ 16:30
    ■募集期間: 平成26年4月15日 ~ 平成26年5月23日
    ■開催場所:浜松市福祉交流センター
    ◎募集の詳細と申込み方法
    http://www.hamamatsu-syakyou.jp/?action_contentsdetail=1&id=442

    (ずきんちゃん)

     

     

     

     

  • 「津波の墓標」

    2014年4月28日

    ノンフィクション作家の著者が、『遺体 震災、津波の果てに』(新潮社)を書いてから、 書き記すことができなかったものを書き残そうと思って執筆したものだそうです。 私たちは、東日本大震災の惨事をテレビの映像を通して、あるいは、ボランティア等で被災地に行った人からの話で知りました。大災害の様子やその実情を、それだけですべてわかっているとは言えないと思っていても、実際に報道されないような部分で、どのようなことが起こっているのかを知る機会はほとんどありません。 震災後、たくさんのジャーナリストたちが書いた本によって、メディアで報道されない負の部分を知ることがたくさんあります。 この本を読んで、被災した人たちの取り乱している様子や、盗難、学校や避難所を通してのいじめの存在などを知りました。また、災害後の混乱のどさくさに紛れて、被災地の高級ブランド店のバッグが奪われたり、銀行や郵便局のATMから現金が奪い取られたりしたことなどはショックでした。自分も、いずれ大災害に遭ってしまったら、このような状況に巻き込まれるのではないかという不安を感じました。でも、目を背けてばかりもいられません。
    阪神淡路大震災や新潟の中越地震、東日本大震災と、日本はいろいろな経験をしてきたからこそ、いつ起こるかわからない災害に備えておく知恵として、被害を少しでも小さくするために準備が必要です。
    被災地に起こる混乱も、できるだけ悲しく辛い思いをする人が少なくなるように、知恵を出し合っていかなければならないと強く感じます。

    ★『遺体 震災、津波の果てに』は映画化され、以前防災ブログでも紹介しました。
      http://pippi-bousai.hpnk.jp/article/61993737.html

    津波の墓標
    津波の墓標
    posted with amazlet at 14.04.04
    石井光太
    徳間書店
    売り上げランキング: 222,926

    わかば

    本の紹介
  • 避難所等の地図記号ができました

    2014年4月25日

    災害時に備えて避難所などを示す新しい地図記号が、国土地理院から発表されました。

    災害時に危険を避けるため最初に行く「緊急避難場所」と、被災者が一定期間滞在する「避難所」、その両方の役割をもつ「避難所兼緊急避難場所」の3種類の地図記号

    避難所等地図記号

     

    「洪水・浸水」「高潮・地震・津波」「崖崩れ・土石流・地滑り」「火災・地震」をしめす4種類の災害種別記号

    災害種別記号

    これらを組み合わせ、左側に走る人の姿と避難所の種類、右側に災害の種類を表示すると、それぞれの施設でどんな災害に対応するのかが分かるようになります。

    例えば、下の記号は、「洪水・浸水」「高潮・地震・津波」「崖崩れ・土石流・地滑り」に対応する「緊急避難所」を表しています。

    避難所等地図記号

    参考:国土地理院 http://www.gsi.go.jp/index.html

    今後、地図で目にする機会が増えてくるかもしれませんね。

    はっぴー☆

  • みちのく震録伝

    2014年4月18日

    みちのく(宮城県、福島県、岩手県を中心に東北地方全域)の(東日本大震災)についての(災害の記憶、記録、事例、知見の記録)をえていく(災害の伝承、国内外へ伝達する)「みちのく震録伝」というウェブサイトがあります。

    国内外へ情報発信

    東北大学災害科学国際研究所が文部科学省等の行政や独立行政法人、企業と連携して、東日本大震災に関するあらゆる記憶、記録を収集し、国内外や未来に共有する東日本大震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝(しんろくでん)」を運営しています。

    幅広く情報を収集し、東日本大震災の実態の解明や復興に役立つあらゆる分野、角度からの研究をすすめ、今後発生が心配されている東海・東南海・南海地震への対策にも活用していくそうです。
    東北大学アーカイブプロジェクト
    みちのく震録伝  http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/

    <やまねくん>

    防災豆知識
  • はまとく防災マニュアル

    2014年4月7日

    静岡県立浜松特別支援学校より平成24・25年度 静岡県教育委員会指定 学校防災推進協力事業研究成果報告書「関係機関と連携を図った防災体制づくり」~大切な命を守るために~ という報告書とともに、“はまとく家庭防災(地震・津波)マニュアル”と“はまとく学校防災(地震・津波)マニュアル”を送っていただきました。

    はまとく学校防災(地震・津波)マニュアル

    数年前から、ぴっぴは浜松特別支援学校より、PTA対象防災講演会や生徒たちに対するワークショップなどの依頼を受けて実施してきています。

    浜松特別支援学校は、南区にあり遠州灘海岸線から700mという海に近い位置にあり、馬込川が流れている場所に立地しており、周辺は海抜2mと低く、大地震が発生した時には、液状化も予想されるところです。


    児童生徒は、小学1年生から高等部3年生まで約300人在籍しており、心臓疾患やてんかん発作等で緊急時に対応が必要な生徒、自閉症等の特性から同一場所での長時間にわたる避難生活が困難な児童生徒もいます。学区が広域であるため、スクールバス通学者、路線バス、自転車、徒歩での自主通学者、保護者送迎など通学方法も様々なので、登下校中の発災には対応を定めておく必要があります。(浜松特別支援学校防災マニュアルより)
     浜松特別支援学校は上記のような場所の問題や児童生徒の通学の多様性から、学校も保護者も防災訓練やマニュアルづくりなど、様々な想定をイメージしてたくさんの実践と話し合いをされてきており、とても熱心です。マニュアルも家庭編と学校編とふたつあり、きめ細かに記されているのです。かつて東日本大震災で被災された折、宮城県南三陸町の公立志津川病院に勤務されていた菅野医師(2011年米タイム誌「世界で最も影響力のある100人」のうちのひとりに選ばれた)から3階以上への避難訓練を常に行っていたためスタッフの動きも速かったとシンポで聞いたことがあります。こうした備えは、来るべき災害に必ずや役立つことでしょう。

     こうした状況を踏まえ、相互で助け合うためにも、災害時要援護者となり得る児童生徒について、周囲の理解は必要です。ぜひ、広くこのような取組を知ってもらえればと思います。

    <hiro>

     

  • 見つけよう!助け合いのカタチ(2)

    2014年3月28日

    「静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練(今回が第九回)」にぴっぴが参加させていただいたのは、昨年に続いて2回目です。今年はぴっぴから、ひとりは運営側のワーキンググループ運営委員として、ひとりはプレイヤー(訓練を受ける側)として参加しました。前回のブログに続き、今回はプレイヤーとしての立場から書きます。

    図上訓練の様子

    訓練には、総勢400名にものぼるプレイヤーが参加しました。その内訳は、静岡県内外の市町から集まった災害ボランティアコーディネーター連絡会を中心に、社協・ボーイスカウト・学生ボランティア団体・NPO・NGO各種団体など、非常に幅広い方面から集まっていました。
    いざ巨大自然災害が発生したとき、「誰かを助けたい」という想いを持って何らかの団体活動をしている方々が、こんなにも大勢(実際にはもっと多数)いるということです。

    訓練のタイトルが「見つけよう!助け合いのカタチ」とされているように、「参加している他団体とどのような形で助け合えるか、そのために平時からどのような連携をしておくべきか」を、ワークショップを通して行動しながら考えるというものです。
    訓練内容は、限られた時間の中で多人数で情報を共有しあい、合意を形成して意思決定を行うプロセスを実体験できるものでした。こうしたトレーニングをする機会は、ありそうでなかなか無いため、とても有意義でした。

     

    ワークショップで作成した新聞

     

    さて、ぴっぴとしてプレイヤー参加して今回強く感じたことが二つあります。
    ひとつは、「災害時、妊婦や子育て中の親子には特別な支援が必要となる」ということへの理解が、一般にあまり浸透していないのでは、ということです。
    障がいがある人や高齢者、外国人については援護が必要だとすぐ思いあたっても、妊婦や子育て家庭が災害時に抱える多様な困難さについては、見落されがちなのではと感じました。

    もうひとつは、浜松地域の子育て関連団体やネットワークの存在、また子育て家庭が利用できる施設などの存在が、一般にはほとんど知られていないということ。
    例えば「アレルギーの子どもたちに支援物資を配るには」「乳幼児の親たちに支援の情報を配信するには」どこに連絡をとればいいの?といったことが、見当もつかないようです。
    考えてみれば当たり前のことです(逆のこともまたありますから)が、当事者や関係者が防災関係の場に参画することがなければ、そうした支援の必要性に気がついては貰えません。
    地域の防災に参画し、発言し、存在を示していくことで、より多くの人々に意識して貰えるはずです。

    子育て支援のネットワークとして、防災や災害支援のネットワークに参画することの重要性を、改めて認識する機会となった訓練でした。

    ◎静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練
    2014年 3月1日(土)~3月2日(日)実施
    【内容&日程】はこちら 

    (ずきんちゃん)

     

  • 子連れ防災手帳

    2014年3月21日

    防災手帳

    災害は、いつ、どこで、誰と一緒にいて、何をしている時に、起こるかわかりません。 東日本大震災が起こった時の状況は、テレビの映像などで繰り返し見たことを思い出します。でも、あの時、子育て中の親子がどんな状況で何を考え行動したかということまでは、テレビの映像ではなかなか伝わりませんでした。 この本の中には、その一部が、812人の被災ママたちが語ってくれています。思い出すことが辛いということもあったかもしれないのですが、その貴重な体験を伝えてくれている本です。今、子育てしている人や、これから子育てする人には、この本からたくさんのヒントが得られるはずです。 体験した人だからこそわかったことということが、まんがやコラムで分かりやすく書かれています。「そういうところに落とし穴があったのか」 というような気づきもあります。 自分ならどのように備え、子どもには何を教えておくかなどを、自分に置き換えて考えてほしいです。

    『被災ママ812人が作った 子連れ防災手帳』

    被災ママ812人が作った子連れ防災手帖
    つながる.com
    メディアファクトリー
    売り上げランキング: 137,341

    (わかば)

    311バナー

    本の紹介
  • 私たちにできること

    2014年3月10日

    共同通信が岩手、宮城、福島の3県42市町村長に行った「東日本大震災についてのアンケート」の結果によると、過半数が復興・復旧が遅れていると感じ、9割以上が震災や原発事故の「風化」を実感していると報じていました。(静岡新聞)

    被害に会った方それぞれが大変だったことや、今なお大変な想いをされている方々が数多くいらっしゃることなど、報道をはるかに上回る現状が今もそこにあり続けることを想像するのはそれ程難しい事ではありません。私たちは3.11を決して忘れる事はないのですが、被災地や被災者の方々を想い、今の自分に何が出来るのだろうと考えることがあります。

     

    「寄り添う気持ち」を支援に結び付ける手段として、実際に自分が現地に行けなくても、現地支援活動をしている団体に支援金を送る方法や、宮城・福島・岩手・青森・茨城県などの自治体に寄付や義援金を送る方法があります。(自治体の場合には支援内容により、受付部署が違う場があります。)

    以下のサイトでは団体の活動内容や支援方法、自治体への支援内容・方法が紹介されていますので、自分が何をどのように支援したいかを確認し、参加するのも一つの方法ですね。
    (中には26年3月31日で受付終了の場合もあります。)

     

    この3年の間に、変わった事、変わらなかった事、状況は様々です。しかし多くの犠牲を払いながらも、防災への意識は間違いなく高まったといえると思います。これからも引き続き、あらゆる角度から、防災についての情報を発信してきたいと考えています。

    <やまねくん>

    311バナー

    忘れない3.11
  • 見つけよう!助け合いのカタチ

    2014年3月5日

    静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練は昨年に引き続き2回目です。この訓練自体は始まってから9回目となるそうです。今年はぴっぴから、ひとりは運営側のワーキンググループ運営委員(WG)として、ひとりはプレイヤーとして参加しました。(今回は、ワーキンググループ運営委員としての立場から書きます。)
    助け合いのカタチ1

    助け合いのカタチ2
    WGとして半年前から関わらせていただきましたが、31名のスタッフの大半はボランティア参加と聞きました。遠方からのWGには交通費補助がでますが、プレイヤー参加が400名以上という大規模な企画なので毎回、1~2日がかりの会議があります。携わってみてWGの苦労が身にしみました。
    この目的は、災害時、お手上げ状態にならないようにと災害ボランティアが平素からの災害への心構えやネットワークを目的に行われるものです。被害想定から対応検討する「シミュレーション型図上訓練」というものではなく、「ワークショップ型図上訓練」なのです。
    ですから、ワークショップを通してプレイヤーがリアルな状況を経験してもらえるようにとWGが2日間のプログラムを練り上げるため、相当議論を重ねるのです。スタッフは県ボランティア協会を中心に、社会福祉協議会、NGO、NPO、企業など様々な人々がいます。
    助け合いのカタチ3

    助け合いのカタチ4
    今年は、災害時要援護者にも視点を置き、ボランティア自体が要援護者の立場を考えるプログラムもありました。WGスタッフから同じ立場の人々ばかりで固まっていると自分たちの考え方や行動が「正」なのだと勘違いしがちになること、他の視点が見えなくなるということを伺い、だからこそ、要援護者の視点は入れるべきとのことでした。
    例えば、ボランティア参加者の中には、様々な考えを持たれている方がいます。ボランティアに行くのだから受け入れるボランティアセンターはボランティアを快く受け入れなければならないと思いこんでいる人もいるようです。ボランティアとして災害時何を目的とするのかを考えなければならない一面でもありました。
    2日間のプログラムは、運営側が意図したとおりには進まない場合もあったようです。
    それは、災害時も同じこと。WGにもふさわしい訓練だったのかもしれません。
    静岡県は東海地震に備えての訓練等が多く行われています。南海トラフ被害想定が出てからも同様です。今回のような団体間の訓練など関心を持つ団体(災害時要援護者となり得る人々がいる団体なども含む)も今後、募集があれば参加されてみてはいかがでしょうか。

    3月1日(土)~3月2日(日)の二日間
    【内容&日程】はこちら→http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/cn27/pg1024.html

     

    <Hiro>

    講座・講演
  • 東日本大震災関連の催し

    2014年2月25日

    2011年3月11日に発生した東日本大震災から、3年の月日が経とうとしています。
    復興に向けた取り組みはいまだ途上にありますが、年月が経つにつれてメディアでの報道件数は減り、震災のことが意識から薄らいでいっているところもあるのでは…、と思うことがあります。
    3月11日を前にして、浜松でもいろいろな形で関連イベントが催される(託児つきの講演会もあります)ので、こうした催しに参加するのも、大きな意味のあることではないでしょうか。

    震災

    写真は、昨年度の「3.11復光キャンドルナイト」の様子です。子どもたちがカバーに絵を描いたキャンドルなど約8000灯が灯され、学生や親子連れなどが静かにたたずんで明りを眺めていました。鎮魂という言葉はわからなくても、子どもたちに災害のことを伝えるきっかけになったという方は多かったのではないかと思います。

    ★近日中に催される震災関連イベント★

    ◎東北記録映画三部作 酒井耕・濱口竜介監督作品
    <3/3(月)10:00~12:40、14:00~15:50、18:00~20:00 鴨江アートセンター(中区鴨江町)>
    東日本大震災での津波被災者の語りを収めたドキュメンタリー映画「なみのおと」「なみのこえ」「うたうひと」。三部作の自主上映会。料金:どれでも1本1,500円、2本2,800円、3本4,000円。

    ◎映画「遺体 明日への十日間」バリアフリー上映会
    <3/7(金)昼の部 13:30~/夜の部 19:00~(上映時間105分)浜松福祉交流センター(中区成子町)>
    震災時 死者・行方不明者1100人もの犠牲を出した三陸の港町釜石での、遺体安置所をめぐる極限状態に迫ったルポルタージュを、2013年に映画化したもの。監督・脚本 君塚良一、主演・西田敏行。
    バリアフリー対応・音声ガイドあり・日本語字幕あり。※入場無料、要整理券。

    ◎3.11復光キャンドルナイト
    <3/11(火)14:00~21:00 中区アクト通り>
    追悼と復興への祈りを込めて、市内の学生有志により催されるイベント。3回目の開催となる今年のテーマは「歩」。地域の子どもたちがカバーに絵を描いたキャンドルなど、約8000灯が灯される。

    ◎チャリティー・キャンドルヨガ
    <3/11(火)19:00~20:30 万年橋パークビル8F 多目的スペースhachikai(浜松市中区田町327-24)>
    東日本大震災発生当時の写真スライド、般若心経を唱え、キャンドルの中で行うヨガ。ヨガ経験はなくてもOK。参加費無料(募金を受け付け、集まったお金は東日本大震災支援金として寄付します)

    ◎女性の視点から防災を考える講演会 ~東日本大震災の被災体験から~
    <3/22(土)13:30~15:30 可美公園総合センター2階ホール(南区増楽町)>
    仙台市在住の講師自身の被災体験、被災者支援、復興活動を通じて、女性の視点から今後の防災対策を考える講演会。講師は宗片恵美子さん(NPO法人イコールネット仙台代表理事)。託児のみ要申込み。


    (ずきんちゃん)

    311バナー

    忘れない3.11
  • 歌いながら、遊びながら減災レッスン

    2014年2月20日

    ぴっぴの防災ワークショップでは、地震の時におなかと頭を守る “だんご虫のポーズ” を取り上げることがあります。 スペースが許される時は子どものみならず、大人にも実際にやってもらっています。 それは、見るだけ、聞くだけじゃなく、体を動かしてやってみる経験がいざという時に行動できるために大事だと考えているからです。 そして、日常の遊びのなかで取り入れていくこともおすすめしています。 最近読んだ本「子どもと一緒に防災の本」という本で、だんご虫のポーズ他、地震や災害の時の行動が歌になっているのを見つけましたので紹介します。 この本は浜松市図書館で借りられます。楽譜が収録されています。

    子どもと一緒に防災の本+防災おやつ&献立レシピ
    坂本 廣子
    フォーラムA
    売り上げランキング: 227,942

    うたって覚えよう!雑学王 日本三大○○、国連加盟国 11曲目にじぶんをまもる 減災レッスン (減災準備)があります。

    うたって覚えよう!雑学王~日本三大○○、国連加盟国~
    教材用 友香 ケロポンズ 中川ひろたか マツウラユウタ 白川りさ きよこ 神矢ゆき 高瀬“makoring”麻里子 上條貴史 大多和孝治
    キングレコード (2013-09-04)
    売り上げランキング: 125,365

    歌いながら、遊びながら、災害時の行動が身についていくといいですね。

    はっぴー☆
    本の紹介
  • 『発達障害児者の防災ハンドブック』

    2014年2月17日

    もしも避難所生活をしなければならない事態になった時に、障がいやアレルギーのある方、介護の必要な方、小さなお子さん連れの方は、避難所生活をできるのだろうかという不安を感じているのではないでしょうか?

    『発達障害児者の防災ハンドブック ~いのちと生活を守る福祉避難所を~』

    発達障害児者の防災ハンドブック―いのちと生活を守る福祉避難所を
    新井 英靖 金丸 隆太 松坂 晃 鈴木 栄子
    クリエイツかもがわ
    売り上げランキング: 385,297

    東日本大震災の時に、約40万人の方が避難所を利用したそうです。その中には、避難所生活が長期化することによって、気兼ねなどから、危険を承知で半壊の自宅で生活したり、車中泊を続けたりする人もたくさんいたという話を、被災地で聞きました。
    知的障害や自閉症のお子さんは、指定避難所での避難生活が難しいので、福祉避難所が必要とされます。度重なる余震により、誰もが不安になりますが、「日常とは違う毎日」を暮すことが大きなストレスとなります。大変な時だから、みんなが我慢しながら生活をするというのは仕方ないことかもしれませんが、知的障害や自閉症などのお子さんには、いろいろな人がいる避難所で生活することが困難であり、症状が悪化することも多く、その家族もまた苦しんでいたようです。

    この本には、東日本大震災で実際に避難所生活をした障がいのある方とその家族の体験談やアンケート結果などがあり、実態がわかりやすく書かれています。また、福祉避難所を設置するために必要な備えや、福祉避難所運営マニュアルなども紹介されています。障がいのある方とその家族だけでなく、障害者の施設に勤務している人や、多くの人に、ぜひ読んでもらいたいものです。

    わかば

    本の紹介
  • ♪♪緊急地震速報

    2014年2月6日

    ♪♪チャラン♪♪チャラン♪♪というチャイム音で始まる緊急地震速報は、気象庁が地震直後の小さな揺れを捉えて、震度5以上の揺れが予測された場合、震度4以上が予測される地域を、テレビやラジオ放送を通して発表するものです。強い揺れが来るまでには、わずかな時間しかないので、身体を守ることを第1に考えて、落ちいて行動しましょう。

    さて、このチャイム音は、聴覚障害者や高齢者にも聞きやすい音の研究(福祉工学)で有名な伊福部達さん(東京大学先端科学技術研究センター)がNHKの依頼を受けて制作したものでした。

    注意を喚起させる音
    (2)すぐに行動したくなるような音
    (3)既存のどんな警報音やチャイム音とも異なる
    (4)極度に不快でも快適でもなく、あまり明るくも暗くもない
    (5)できるだけ多くの聴覚障害者に聴こえる

    つまり、「緊急性を感じさせつつ、不安感・不快感を与えない。騒音の中でもお年寄りや難聴者にも聞き取りやすい。さらに今までにどこかで聞いた音に似ていない」というものである必要がありました。

    出来上がったチャイム音は、「ゴジラのテーマ」から作られたといううわさが流れたこともありました。うわさの原因は「ゴジラのテーマ」の作曲者が伊福部達さんの伯父にあたる伊福部昭さんだったからのようでした。実際には伊福部昭さん作曲の「シンフォニア・タプカーラ」という楽曲から、人間が最も聞き取りやすい音域の中から5つの音を抽出していくつかの作品を作り上げ、子どもや高齢者、聴覚障害の方にもいろいろな状況の中で視聴してもらうなど、検討を重ね、現在の「チャラン、チャラン」に至ったそうです。

    ただのお知らせチャイムとはちょっと違う、研究に研究を重ねた結果生まれた、多くの命を守るためのチャイム音です。音に込められた想いをしっかりと受け止めて、冷静に命を守る行動をとりたいものです。

    <やまねくん>

  • 地震情報サイトJIS

    2014年1月27日

    今回は、Webサイトの紹介です。
    「地震情報サイトJIS」http://j-jis.com/ というサイトを見つけました。
    これは、地震防災ネットワークのボランティアによって制作、運営が行われているというものです。

    ニュース、防災マニュアル、地震データ、全国の活断層、前兆現象、ボランティアなどに分かれていますが、防災マニュアルの中にある防災準備編、行動編はとても参考になります。例えば、食料備蓄のポイントなどは、ローリングストック法(特別な保存食を用意する事なく、普段の生活の中で無駄の無い備蓄をする)という考え方は、わざわざ防災備蓄のための食品を買っておくというのではないので難なくできそうです。
    JIS1 JIS2 JIS3 JIS4
    いつでも起こりうる災害に備える必要がある今日、ぜひのぞいてみてください。

    <Hiro>

  • 【募集情報】県災害ボランティア図上訓練

    2014年1月20日

    「第9回静岡県内外の災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練」の参加者(団体での参加となります)を、現在募集中です。

    大規模災害時におけるボランティア活動の様々な課題とその解決策を考える中で、地域への理解を深め、県内のみならず県域を超えたネットワークづくりを目指すことを主旨としたこの訓練。
    今回のテーマは「見つけよう!助け合いのカタチ」です。

    県内・県外それぞれの参加者同士が災害の視点から「困ったこと・困るであろうこと(課題)」に気づき、お互いにできることを話し合い、解決のヒント(助け合いのカタチ)を話し合う機会にするそうです。
    昨年度、ぴっぴもこの訓練に参加しました。ついていくだけでも体力を要する訓練でしたが、非常に多くの団体が参加し、交流しながら訓練する中で、学ぶところもまた多かったです。
    ◎その時のようすはこちらです(災害ボランティアによる救援活動のための図上訓練

    今回の参加枠としては、訓練のプレイヤーとしてワークショップに参加する「プレイヤー参加」と、見学者として参加する「ビジター参加」があります。
    募集の詳細については、以下を参照してください。

    開催日:平成26年3月1日(土)・2日(日)※2日間の参加を原則とします
    会場:静岡県勤労者総合会館6階ホール、他
    定員:県内250名 県外100名
    参加費:2,000円
    申し込み方法:
    <県内>団体ごとに地元社協に問い合わせるか、FAX・郵送またはEメールで県ボランティア協会まで申し込み
    <県外>団体ごとにFAX・郵送またはEメールで県ボランティア協会まで申し込み
    ※2/10必着。定員になり次第締切

    主催:公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会、特定非営利法人静岡県ボランティア協会
    共催:内閣府(防災担当)、静岡県、社会福祉法人静岡県社会福祉協議会、他
    協力:一般社団法人静岡県労働者福祉協議会、連合静岡
    実施主体:特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会、東海地震等に備えた災害ボランティアネットワーク委員会
    ◎詳細は、静岡県ボランティア協会ホームページにて
    http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/



    (ずきんちゃん)
    他団体の講座・催し情報
  • 『ファインダー越しの3.11』

    2014年1月13日

    『ファインダー越しの3.11』

    ファインダー越しの3.11
    安田 菜津紀 渋谷 敦志 佐藤 慧
    原書房
    売り上げランキング: 45,690

    著者は、東日本大震災が起こった時に、カメラマンとして、そして、ジャーナリストとして、カメラをもって被災地に入ることに疑問を抱いた。
    このような緊急事態だからこそ、シャッターを切るのではなく、支援活動を優先した方が良いのではないかと思ったのだ。

    日本百景のひとつでもある高田松原の「希望の松」を撮影し、新聞に掲載されたことに、やっとカメラマンらしい仕事ができたと喜んだ。
    しかし被災者には、危険な海の近くに行ったことを叱られ、「希望の松」は、被災者にとってはあんなにたくさんあった松が1本しか残らないほどの津波の凄まじさを物語るものだということを知らされる。

    写真を見ることで忘れかけていたことを思い出す半面、塞いでいた心の傷をひらいてしまうこともある。写真を通して何ができるのかを3人の著者が自問自答しながら過ごしている。

    これは、写真を撮る側の問題だけではなく、写真を見る側も問題意識を持っておくことは必要なのかもしれない。
    東日本大震災が起こって、3年が経つ。あの時の教訓を、時間と共に薄れさせてしまうのではなく、時々思い出して、私たちが今できることを考え続けていきたいと感じます。

    (わかば)



    2014030312611_311_550bnr.jpg

    忘れない3.11
  • 平成26年消防出初式

    2014年1月10日

    dezome.jpg

    今年の出初式が明日1月11日(土)にアクトシティ浜松周辺で行われます。
    消防車が勢ぞろいし、はしご乗り演技や一斉放水もあり、見ごたえがある年始の行事です。
    ぜひお子さんと一緒に出かけてみませんか?

    ===平成26年浜松市出初式===========

    式典 9:30~10:30

    ふれあい広場 9:30~11:00
     ペンシルバルーン
     地震体験車
     ミニ消防車試乗
     消防車両の展示
     はしご乗り演技

    徒歩・車両分列行進 11:00~11:25

    一斉放水 11:35~11:40

    ※雨天などの場合は屋外イベントが中止される場合があります。
    ※周辺道路の交通規制があります。
    連絡先 消防総務課 TEL:053-475-7523
    ===========================

    ぴっぴの子連れでおでかけブログに平成25年浜松市消防出初式のレポートが掲載されているので、どんな様子か見ることができます。

    はっぴー☆
    他団体の講座・催し情報
  • 災害と数字

    2013年12月30日

    全国の私立幼稚園、小中学校、高校などを対象に耐震化に関する調査(H25年4月文部科学省)の結果、震度6強程度の地震が起きても倒壊の危険が少ないと判断される耐震化率は全国委平均が77.9%にとどまったのに対し、最も高かったのが静岡県の95.5%でした。

    阪神・淡路大震災の後、県が、東海地震が発生することへの危機感から、耐震診断費用の補助や、工事費用の1部助成を行う「私立学校地震対策緊急整備事業」を他県より早い時期から独自に始めたことが背景にあります。

    また、公立高校の耐震化率は98.7%(H24年末)とこちらも全国平均の88.3%(H25年4月)を大きく上回っています。静岡県の震災に対する意識は全国的にみてもかなり高いと思われます。

    一方、先日、政府の地震調査委員会は、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を全国各地で計算した2013年版の「地震動予測地図」を公表しました。

    この確率は、今までは東海、東南海、南海地震が別々に発生するという前提で算出していましたが、今回は、三つの地震が連動して南海トラフ巨大地震が起きる可能性が考慮され、想定する震源域が広がったため、東海地震が単独で発生する確率が少ないとの見通しに基づいています。

    静岡市では25%も下がり65%となりました。数字が下がると、ホッと胸をなで下ろしたくもなりますが、安政東海地震から160年近く大きな地震が起きていないので、いつ大地震が起きても不思議はない状況は何ひとつ変わっていないのが現状です。命を守るためには、数字に左右されることなく、常に危機感を持って、防災意識を維持していくことが大事ですね。

    <やまねくん>
    防災豆知識
  • 萩丘放課後児童会防災講座

    2013年12月25日

    2014030311195_ilm22_bc04027-s-thumbnail2.jpg浜松市萩丘小学校にある放課後児童会の1~3年生を対象にした防災講座を行ってきました。
    指導員の先生方が子どもたちに防災の必要性を熱心に伝えたいという思いから実現した講座です。

    萩丘小学校は、浜松市の中区にあり災害時、応急救護所が併設される避難所となる施設です。中区は比較的、津波被害などは大きく受けないと予想されている場所ですが、住宅密集地であるため、地震が起きた場合、建物の倒壊はもちろんのこと、火災の危険性が大きいところだと言われています。子どもたちにも学校がどんな場所であるかを知らせておくことは必要だと思います。

    さて、講座開始。「みんなの防災知識はどれくらいなのだろう」ということで○×クイズを行いました。指導員の先生も交じって、質問ごとに、手で大きく「まる~!」「ばつ~!」などジェスチャーでにぎやかでした。おとなと違って子どもたちはつまらないと反応がすぐに出てくるので、防災に関心を深めるようなくふうも考えつつ進めていきましたが、子どもたちはなかなか手ごわいです。毛布を使っての “ぴっぴちゃんを救え”では、毛布を担架に見立てて、あかちゃんぴっぴちゃんを運ぶ方法を考えてもらうのですが、ぴっぴちゃんの中には水を入れたペットボトルが入っていて、本物のあかちゃんくらいの重さにしてあります。小1の女の子たちは、どちらかというとぴっぴちゃんを抱くことに興味がいってしまい、「私も」「私も」状態でひととおり抱っこ。あかちゃんを運ぶにはどんな工夫がいいかという話で初めふざけていた子どもたちもだんだん真剣に取り組んでくれました。

    この度のように児童会で講座が可能だという可能性を改めて知り、今後、指導員の方々にも多く関心を持っていただければまた、子どもたちの防災への関心も広がっていくのでしょうね。

    <hiro>

    ぼうさいぴっぴ
  • 早出町自治会「こらぼ講座」

    2013年12月23日

    東日本大震災から2年9か月が経ちました。
    あの災害が起こった直後は、みんな災害に備えておくことに必死になりました。現在のみなさんの防災意識はいかがですか?維持し続けていますか?一層高くなっていますか?日頃の生活の忙しさに、薄れてきていませんか?

    2014030311188_soudebousai1.jpg

    12月16日(月)、早出町自治会で「ぼうさいぴっぴ」を行いました。今回の依頼は、
    浜松市役所UD社会・男女共同参画推進課の「こらぼ講座」を通しての依頼でした。
    災害が起こると、地域での助け合いがとても重要になってくることから、自治会で防災に取り組むことはとても大切です。また、防災意識は平穏な生活の中では忘れてしまいがちなので、時々思い出すようにする必要があります。そこで、定期的に災害に対する備えを見直したり、防災訓練や講座を受講したり、家族でいざという時のことを話し合ったりするようにしておくとよいです。

    2014030311188_soudebousai2.jpg

    東日本大震災の時には、津波の映像がテレビなどでたくさん流れていたことから、今でもその映像が思い出されることもあり、大災害のイメージが、津波に直結してしまうことが多いようですが、津波の前には「地震」があります。まずは、「地震に対する備え」が大事だということを忘れないでくださいということを、今回の講師の災害ボランティアコーディネーターである鵜飼愛子氏は強調していました。
    自宅のあるところの地盤については、古くからの言い伝えなども含めて調べておくことで、備え方も違ってきます。そして、災害は想定外のことが起こり得るものなので、いざという時に臨機応変に、かつ、冷静に判断できるようにするためにも、日頃からの訓練やシミュレーションをしておきましょう。

    ぼうさいぴっぴに関するお問い合わせや開催依頼は、ぴっぴに直接、または、UD社会男女共同参画課の「こらぼ講座」にどうぞ。  (わかば)

    ぼうさいぴっぴ
  • とよた男女共同参画センター人材養成講座

    2013年12月16日

    12月13日(金)愛知県豊田市のとよた男女共同参画センター人材養成講座「クローバーカレッジ」の一環として、防災講座「被災後の生活に活きる女性の力」を実施しました。
    とよた男女共同参画センターでは昨年9月のクローバーカレッジの他、今年8月にも講座を実施させていただいており、今回で3度目の訪問となります。

    とよた男女共同参画センター人材養成講座

    災害ボランティアコーディネーター 鵜飼さんが講師として、前半は講話を行いました。
    鵜飼さんがこれまで数多くの地域で災害ボランティアを行った経験をもとに、被災地の写真なども見ながら、防災・減災について私たちが知っておきたいことを凝縮した内容でした。
    中でも、被災後に生活の場となる“避難所”の運営に女性の視点を活かし、意見を反映させていくことの大切さが強調されました。

    とよた男女共同参画センター人材養成講座

    避難所は基本的に地域での自主運営なので、役員や民生委員を多くつとめる男性が決定権を持つことが多く、女性の視点が反映されないのが現状です。このため、女性に必要な衛生用品の分配が適切に行われなかったり、最低限のプライバシーが保てないなどの弊害が起こります。
    また、災害時の性的虐待、不衛生による病気、経済的困窮、ストレスのはけ口になりやすいなど、女性への被害はより大きく、より深刻なものとなります。
    こうした事態を避けるため、地域のリーダーに女性が必ず入り、女性の意見を反映させることが欠かせない、と鵜飼さんは語りかけ、受講者の方々も深くうなずいていました。

    とよた男女共同参画センター人材養成講座

    講座の後半は、受講者全員で避難所運営ゲーム(HUG)を行いました。
    これは、静岡県が開発した避難所運営の図上模擬体験のためのゲームです。
    避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを、グループで話し合いながら判断して行きます。

    とよた男女共同参画センター人材養成講座

    難しい判断を短時間にどんどんこなしていくというゲームなので、ゲームとはいえ真剣になります。受講した方々も頭をフル回転、活発に声を出しながら、現実さながらの緊迫感でした。
    本来は完了するまで数時間かかることも珍しくないゲームですが、今回は時間に限りがあったため、体験版的な内容で行いました。

    「避難所運営のために大量に発生する作業を、人に上手に割り振るという業務は、女性の資質を活かせます。男性だと命令のようになってしまうことも、女性は上手に“お願い”することに長けていますから。女性も手を挙げて声を出す、仕切る側になることが大切です」と鵜飼講師。

    “行政や地域における意思決定の場に女性の参画を推進する”ことを主旨として開催されている「クローバーカレッジ」受講者の皆さんにとって、今後大いに活かしていただける内容だったのではないでしょうか。
    寒い中始まった講座でしたが、最後は寒さも吹き飛ぶ熱気でしたね!

    (ずきんちゃん)

    講座・講演
  • 貴布祢子供会地域防災訓練

    2013年12月12日

    昨年から1年に1回のおつきあいということで、貴布祢子供会の地域防災訓練にぼうさいぴっぴを取り入れてもらっています。12月第1日曜日は、静岡県内各地で地域防災訓練が行われているのですが、貴布祢子供会もその一環で、子どもたちが積極的に防災を学びます。

    kibunebousai.PNG

    今年は、災害が起こった後、どのような状況になるのかを中心に学びました。
    現在小学生の子どもたちは阪神淡路大震災は生まれる前の出来事ですし、東日本大震災ですら、小さかった時のことでよく覚えていないことなのです。
    だから、災害が起こったとしたらということを話していても、どんな状況になるのかさえよくわかっていないことが多いので、イメージ作りをしながらの学習となりました。
    昨年は後半をワークショップとしたのですが、今回は60分講話を聞くことになり、長かったかな?という感じもしましたが、最後までがんばって一緒に学べました。

    また来年も、違った角度から防災を学びたいと思います。防災意識は、定期的に刺激がないと薄れてしまいがちなので、貴布祢子供会のように年に1回、定期的に防災講座を開催することはとても大切なことですね。継続は力なり!  (わかば)

    ぼうさいぴっぴ
  • 非常食[最強]ガイド

    2013年12月9日

    災害時に生き延びる方法のヒントは、意外にもアウトドア体験の中にあるということは、かなり浸透してきているのではないでしょうか?

    しかし、お家の中に普段あるものも、あなどれません。
    いざとなれば、お菓子もシリアルも、買い置きしているものが役立ちます。

    災害時に配布される支援物資は、栄養のバランスまでは行き届いていません。
    そこで、どんなものを買い置きしておくかも含めて参考になる本です。

    『生き延びるための 非常食[最強]ガイド』
    エクスナレッジ編集部 編
    エクスナレッジ
    ¥952+税
    2011年4月23日初版第1刷発行

    (わかば)

    生き延びるための非常食[最強]ガイド

    エクスナレッジ
    売り上げランキング: 215376
    本の紹介
  • 横須賀コミュニティ「子どもをまもるぼうさい」

    2013年12月7日

    11月30日(土) 愛知県東海市の横須賀コミュニティで防災講座を行いました。
    コミュニティというのは東海市内の12小学校区ごとに町内会・自治会が合体した組織で、横須賀コミュニティは養父町内会、横須賀町内会、高横須賀町内会、中ノ池自治会の3つの町内会と1つの自治会からなる組織です。
    東海市は、工場地帯を持つ湾岸に近く、埋立地もあり、災害時には津波・工場火災などが想定されるため、防災組織もあり、津波も想定した市民総合防災訓練なども実施しているそうです。現在は、地域の子ども会が休会状態なので、コミュニティとして子どもに向けての防災に取り組みたいと、1年前からお話をいただいていました。

    2014030311140_P1090722.jpg

    対象は小学校1年生~3年生の親子、健全育成部員、横須賀コミュニティ常任理事の方々です。当日は午前中に地域のクリーン作戦があり、風邪の流行る時期でもありましたが、本当に多くの方々にご参加いただき、満席状態でした。

    2014030311140_P1090718.jpg

    講座は親子向けに、「防災○×クイズ」や「家の中の安全」を中心に毎日の生活の中で命を守るために知っておくべきこと、やるべきことなどをお話しました。子どもたちはだんご虫のポーズも練習しました。

    2014030311140_P1090736.jpg

    2014030311140_P1090747.jpg

    その後に、スリッパづくりとカッパづくりに挑戦。保護者の皆さんや、役員の皆さんにもお手伝いいただき、無事完成しました。

    2014030311140_P1090744.jpg

    2014030311140_P1090767.jpg

    このような講座を開催することは初めての試みとのことでしたが、皆さんには、本当に熱心に参加して頂き、「自分の身は自分で守る」事や、家族とのコミュニケーション、日頃の備えなど、それぞれの家族に必要な情報を持ち帰っていただけたのではないでしょうか。また、今後も継続的に家族で話合ったり、確認しあったり、防災意識を高めていく、きっかけとなればと思っています。

    <やまねくん>
    ぼうさいぴっぴ
  • 災害への備えと対応

    2013年11月26日

    東日本大震災発災から2年半以上が経過しました。その間にも伊豆大島や竜巻など各地で様々な災害が起きています。災害の度、私たちは防災についての意識は高まっているのでしょうか?

    先日掲載された朝日新聞世論調査では、自身の「災害への備えは不十分」89%という結果が出ています。今年、一般社団法人経済広報センターが行った「災害への備えと対応に関するアンケート」でも同様に3人に2人が自身の災害への備えは「不十分」と認識しているという結果がでています。

    2014030314219_higoronojunnbi-thumbnail2.jpg

    そうはいっても、人々は3日分程度の「食料、飲料水の備蓄」「非常用品の準備」(懐中電灯、電池、医薬品、ラジオ、靴、頭巾、ヘルメットなどのうち必要と判断したもの)、「日用品の備蓄(ティッシュ・トイレットペーパー、ごみ袋、ポリタンク、灯油など)」は準備しているのです。(南海トラフ巨大地震に備えるとなると1週間の備蓄と言われるのですが、そこまでの備蓄はされていないというのが現状のようです。)

    もっとも興味深いのは
    防災意識を「持続している(東日本大震災前から防災を意識し、持続している/東日本大震災をきっかけに防災意識は高まり、現在も持続している)」人が、どのようにして防災意識を持続しているかについてです。

    「テレビや新聞、ラジオなどで防災情報を確認」が圧倒的に多く、続いて「防災用品や備蓄品などを定期的に確認」、「防災用品を常に見える所に置く」となっていました。東日本大震災が起きたときに、最も情報を得ていたのは、テレビ、ラジオ、新聞でした。信頼性が重要視されていたようですが、日常的に見聞きするという環境は重要なのかもしれません。

    2014030314219_E383A9E382B8E382AA.jpg

    企業はというと、一般社団法人経済広報センターが行った「災害への備えと対応に関するアンケート」では、東日本大震災後、企業の備え(危機管理対策、事業継続計画など)は進んだと思うかについては、「進んだ」が10%、「どちらかというと進んだ」が49%で、合わせて59%が「進んだ」と回答されています。このように、決してこれまでの災害が私たちの防災への対処につながっていないわけではありません。しかし、意識は残念ながら薄れていきはじめているようです。


    今後、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」ものとならないためにも、防災に関する

    • メディアからの定期的かつ効果的な情報発信
    • ふだんの備蓄用品のモデルの顕在化
    • 防災訓練の参加率を高める工夫

    は継続的に必要なのではないでしょうか。

    【参考】
    ・災害への備えと対応に関するアンケート
    一般社団法人経済広報センター 、2013/11/26アクセス )
    ・朝日新聞社世論調査 (2013-11-25)

    <Hiro>
    防災豆知識
  • 富士宮青年会議所・防災講座

    2013年11月18日

    11月10日(日)富士宮青年会議所が主催する防災学習「親子で学ぶ防災知識」で防災ワークショップを行いました。

    富士宮青年会議所・防災講座

    会場は富士宮市総合福祉会館。新富士から車で30分程の場所です。対象は未就学の子どもと親でしたが、日曜日だったこともあり、小学生の兄弟や赤ちゃん連れなど、家族全員参加の方も多くいらっしゃいました。

    富士宮青年会議所・防災講座

    開会式の後、参加者の皆さんは、まず、「大災害を生きのびるために」をテーマに、岩手県山田町で東日本大震災を体験された講師の方からお話を聴きます。
    その間、ぴっぴは別室で子どもたち向けにワークショップを行いました。紙芝居や○×クイズなど、命を守ることの大切さを子どもたちにも分かりやすく伝えました。おとうさんやおかあさんと離れて少し寂しそうだった子どもたちも、気付くと真剣に聴き入っていて、○×クイズにも元気に答えてくれました。

    富士宮青年会議所・防災講座

    富士宮青年会議所・防災講座

    その後、会場をホールに移動、親子が再会。ぴっぴのワーク「バリバリスリッパ」と「君は何を持って逃げる?ゲーム」に親子でチャレンジです。

    富士宮青年会議所・防災講座

    富士宮青年会議所・防災講座

    会場には富士・富士宮市を中心に、乳幼児の親たちの防災力アップを目指している育児てサークル「Pプラス」さんが作成した、「防災頭巾」の展示もありました。

    富士宮青年会議所・防災講座

    子どもたちに必要な下着や、衣類、などを入れておけるように作られており、子どもが喜ぶ可愛いタオルを使っているので、喜んでかぶってくれるそうです。

    富士宮青年会議所・防災講座

    子育て中は、防災に備えなければと思っていても、日常に追われる事が多く、どうしても後回しになってしまいがちなので、サークルの勉強会に「防災リュックを持って参加する」という、準備せざるを得ない状況をつくり、それが日々の備えに繋がるという方法をとっているそうです。季節を変えて実施すれば、持ち出し品の中身も、「今、必要な物」に更新されるという訳です。なるほど、本当にその通り、季節がかわれば、気温も変わるし、子どもも成長していくし、必要な物も変わってきますね。

    最後に、富士宮市社会福祉協議会と富士宮青年会議所との「災害時における災害協力協定に関する協定書」調印式が行われました。

    富士宮青年会議所・防災講座

    自分の命を自分で守る、家族で守ることを学び、「地域の団体が協力し合って難局を乗り越えていこう」というスタートの日、大変有意義な1日となりました。

    <やまねくん>
    ぼうさいぴっぴ
  • 「地域防災の日」に緊急速報メールが届く!

    2013年11月11日

    もうすぐ12月1日(日)、「地域防災の日」がやって来ます。
    すでに町内会の回覧板などで、地域での避難訓練についてお知らせが回ってきているのではないでしょうか。
    同じく12月1日の午前9時に、静岡県危機管理部は、県内にある携帯電話(NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の携帯電話など)やスマートフォンなどに「緊急速報メール」を訓練送信することになっています。

    2014030314196_ilm201201_024r-s-thumbnail2.jpg

    ↓こんなメールが届きます↓
    ○件名
    【訓練】緊急速報メール(避難準備情報)発信:静岡県
    ○本文
    このメールは防災訓練です。以下の通知は、実際の災害ではありません(訓練)静岡県で地震が発生しました。(訓練)家族との連絡、非常持出品の用意等の避難準備を確認してください
    今日は「地域防災の日」です。地域で行う防災訓練に参加しましょう

    メールのタイトルに【訓練】とあるので、本当に災害が!と慌ててしまう人はいないと思いますが、当日、メール着信のチャイム音が鳴ってはまずい状況(仕事、試験など)にあることがわかっている人は、事前にマナーモード中の着信音の設定を確認しておく必要がありますね。

    自分の携帯やスマホが緊急速報メールを受信できることを確認したら、地域防災訓練へ参加を。
    子どもがまだ小さくて出かけづらいファミリーなら、お父さん(もちろんお母さんでもOK)に代表で参加してもらって、体験を家族でシェアできればいいですね。



    (ずきんちゃん)
    防災豆知識
  • 『命を預かる保育者の子どもを守る防災BOOK』

    2013年11月4日

    『命を預かる保育者の子どもを守る防災BOOK』
    猪熊 弘子 著
    学研
    ¥1,400+税
    2012年2月28日 第1刷発行

    命を預かる保育者の子どもを守る防災BOOK (Gakken保育Books)

    学研教育出版
    売り上げランキング: 104,963


    東日本大震災で被災した保育園の園長や保育士が体験を書いています。
    中には、海岸から遠い場所にあるので津波は来ないだろうということで、津波を想定した防災訓練を行ったことがないところの体験などもありました。
    園児たちが長い揺れを怖がらないように、保育士からの言葉かけを子どもに配慮しているところなど、本当にとっさの判断でよくやれたと感心させられます。揺れが長かっただけに、避難するタイミングを判断するところなどは、難しかっただろうと思います。
    また、避難する時の靴の大切さなど、体験者ならではの解説で納得できます。

    後半には、この経験を活かした今後の防災のための提案がされています。
    浜松でも、3.11以降は、保育施設の防災訓練も見直されている話を聞きますが、防災訓練をやっているからこそ、園児の命が守られたと感じ、日ごろの訓練の重要性をひしひしと感じます。また、想定だけにとらわれるのではなく、臨機応変に対応することも必要です。避難訓練も子どもたちが起きている時間だけではなく、3.11のように午睡中に起こるかもしれないので、訓練の時間帯を午睡中に行ってみることや、地域の特徴を踏まえて行うことが必要だと感じます。

    この本は、保育士や幼稚園教諭を仕事としている人だけでなく、子育て中の人が防災を考える上でも参考になります。また、自分の子どもを園に預ける時に、親としては安心して預けたいと願うことでしょう。そんな時に園の防災を見極めるひとつの材料として、保護者にも読んでほしい1冊です。  (わかば)
    本の紹介
  • 緊急速報メールの音にドキッ! 避難準備情報とは

    2013年10月26日

    昨晩はスマートフォンから今まで聞いたことのない音が突然鳴り、緊急速報メールが届きびっくりしました。
    台風27号の影響による大雨により馬込川、安間川の水位が上昇しあふれる恐れがあるということで、25日夜22時30分に、中区江東地区、東区和田地区、長上地区、南区飯田地区に避難準備情報が発令されたという内容でした。

    昨日から今朝にかけての馬込川の水位情報を見ると、23時~24時あたりで、はん濫危険水位の3.88メートルを超えていたようです。

    馬込川水位2013-10-25

    今回発令された避難準備情報とは

    • 高齢者や障がい者などの非難に時間がかかる災害時要援護者が、早めの段階で行動を開始する
    • それ以外の人は、家族等との連絡、非常用持出品の用意等、避難の準備を開始する

    という段階で、各地区の小中学校に避難所が開設されましたが、実際に避難所へ行かれたかたは少数だったようです。
    避難準備情報 → 避難勧告 → 避難指示 という段階で、緊急度が増していきます。

    緊急速報メールに登録しておくと、避難勧告等の災害・避難情報がすぐに届くので登録しておくと安心ですね。
    今回は、特に被害もなかったようでよかったです。

    緊急速報メール登録方法
    https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kiki/disaster/bousai/areamail/index.html

    はっぴー☆
    防災豆知識
  • 掛川こども園 防災講座

    2013年10月21日

    9月5日(木)掛川市の掛川こども園・家庭学級講座で防災講座を行いました。家代の里という大きな新興住宅地の中にあり、幼稚園180名、保育園120名、合計300名が在園する幼保園です。保護者向けの防災講座の開講は初めてとのことでしたので、教材の減災Book(作成 NPO法人 はままつ子育てネットワーク)にそっての講座となりました。

    2014030311867_P1090012.JPG

    まず、東日本大震災の被災地や避難所が実際にどのような状況だったのかなどを、写真を見ながら改めて確認しました。そして、「減災」にむけて、どのような備えをしたらよいのかを学びました。後半は、新聞紙でスリッパ、ゴミ袋でカッパづくりに挑戦しました。

    質問タイムには、東日本大震災の避難所で、子どもたちを見守るなどのボランティア活動があったかどうかという質問がありました。講師が災害ボランティアコーディネーターとして現地に入った時にはなかったが、避難してきている人たちのなかで自然に子どもを見守る、お年寄りの話を聞くなどの「役割」が発生していたと話しました。避難生活の中で「役割」をもつことは、避難所運営上、また人々の気持ちの面においても大変重要です。

    2014030311867_P1090013.JPG

    講座終了後に園長先生のお話を伺いました。避難訓練で小さな子どもたちをベビーカーにのせて避難させる際に、段差があったり、角が曲がりづらかったり、実際の避難行動に不都合が見つかる事があると、すぐに避難経路を変更したり、段差や道幅を修正するなどの対応をしているそうです。広い園なので、何通りもの避難経路を確保していたり、月に一度の避難訓練も、日時を公表せずに実施したりしています。小さな子ども達にとっては「お昼寝中」の時間帯になることもあるそうですが、いつどこで災害が起こるか、その時避難可能な経路はどこなのかなどは計り知れません。これらの取組には園長先生のどんな時でも命を守るという子たちへの強い思いがあります。

    家庭に於いても大切な命を守るためには、起こりうる様々な状況に於いて、そのときどう守るのかを予めシュミレーションしておくことが大事だということを改めて学ばせていただきました。

    <やまねくん>
    ぼうさいぴっぴ