子育てのヒント

知って得する!歯周病のひみつ

2020年12月6日

健康な歯こんにちは。歯科衛生士の後藤です。早いもので今年も終わりが近づいてきました。皆さんはどんな一年だったでしょうか。やり残したことはありませんか?歯科医院へ行きそびれた…なんて方はいらっしゃいませんか?

今回は皆さんの口にひそむ「歯周病」について紹介しようと思います。

歯周病って?

歯周病を引き起こすといわれる原因の菌は、多くの人が持っていると言われます。きっと皆さんの口の中にもひそんでいることでしょう。歯周病は知らないうちに病気が進行していることがあるため、「サイレントディジーズ」(静かなる病気)ともいわれます。症状が進むと歯が抜けてしまう事があります。

まめ知識

歯周病は口だけなく全身に影響すると言われています。

実は、歯周病は歯が抜けてしまうだけ…ではないんです!例えば“心筋梗塞・糖尿病”などに関連しています。

歯周病に早く気付くにはどうしたらいいの?

知らない間に発症・進行してしまう歯周病。早く発見するためには、歯医者さんで定期的にチェックしてもらいましょう!プロの目で見てもらうことで、早めに病気に気付き、ひどくなる前に対処することができます。

静かなる病気「普段しっかり歯みがきをしているから大丈夫」って思いますよね。でも実は、歯の見えるところは磨けていても歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目は歯ブラシが届きにくいのでしっかり磨けていないことが多いです。自分の出来ない部分を歯医者さんでしっかりケアしてもらうことが大切です。

ついつい子どものことが最優先で、自分の事は後回しの日々…でもやっぱりママ・パパの健康も大切です。

これを機に、育児の合間に「いつもよりしっかり歯みがきしてみよう!」とか「歯医者さんへ行ってみよう!」と思ってもらえたら嬉しいです。おいしいものをいっぱい食べて楽しい年末年始を過ごせるように、口のケアも心がけていきましょう。

歯周病

 文/浜松市歯科衛生士 後藤

親と家族