ぴっぴの防災ブログ

東日本大震災被災者応援コンサート

2011年7月6日

私はバス通勤をしています。車内では日頃からお年寄りや体の不自由な方への配慮に満ちた光景を目にすることがあるのですが、震災後、特に感じることがあります。

例えばお年寄りが乗車すると、「誰か一人が気に掛けて席を譲る」というのではなく、周囲の皆さんそれぞれが気遣う空気が流れます。手を貸そうとする、通り道を空ける、空いている座席、安全な
座席を探す、こちらが空いていますよと導く、荷物や杖などにぶつからないように身をかわす、など、皆さんがそれぞれの役割を果たし無事着席。
少し大げさかもしれませんが連係プレーの様に思えました。

今自分は何をすべきか、どのように支援をしたらよいのか、日々の暮らしの中で迷いながら過ごして来た方も多かったのではないでしょうか。
私もその一人です。

現地へ行って直接ボランティアに携わるというような事ができなくても、例えば、防災に対してより関心が深まり家族で話合いをした、節電に協力するために電気の使用方法を見直した、飲んだり料理したり当たり前に使っていた水の使い方を工夫するようになった、原発・放射能について学んだ、家族・近隣だけにとどまらず人との繋がりが大事に思えた、今こうして生活を営めることがどれほど貴重なことかと気付いた、など以前に比べて自分自身のどこかが少し変わったかもしれません。
震災が残した爪痕は今なお大きく深いものですが、心の中に小さな種を残していったような気がします。

さて、こんな支援の方法もあります。

仙台市にゆかりのあるヴァイオリニスト・アンドレイ・バラーノフさんのコンサート。
収入の一部は、浜松市が支援する岩手県大船渡市の教育機関における音楽活動支援のために使われるそうです。



<東日本大震災被災者応援コンサート> 
アンドレイ・バラーノフ ヴァイオリン・リサイタル」
昨年の仙台国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門第2位に輝いた期待の若手奏者、アンドレイ・バラーノフ氏が紡ぎだす極上の音色をお聴きください。
なお、本公演の収入の一部は、浜松市が支援する岩手県大船渡市の教育機関における音楽活動支援のために使用します。

日 時:7月22日(金) 18時30分開場 19時開演
場 所: 静岡文化芸術大学 講堂
入場料: 全席自由 一般2,000円/学生(小学生以上)800円 
出 演:アンドレイ・バラーノフ(ヴァイオリン)、 青木 美樹(ピアノ)

演奏曲目
 サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン 
 フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調 
 ショスタコーヴィチ/4つのプレリュード 作品34
 コダーイ/子供の踊りより(ピアノソロ)
 チャイコフスキー/ワルツ・スケルツォ
 ヴィエニャフスキ/「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲

チケット販売:アクトシティチケットセンター TEL:053-451-1130

連 絡: 静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター 
〒430-8533 静岡県浜松市中区中央2-1-1
TEL:053-457-6105 E-mail:acrc@suac.ac.jp

  コンサート

<やまねくん>
他団体の講座・催し情報