ぴっぴの防災ブログ

携帯電話で緊急地震速報の受信

2009年10月27日
2009年8月11日早朝に起きた地震の時、揺れを感じる直前に携帯電話のブザー音が鳴りました。

その後地震の揺れが来たため、電話を手に取り、確認するまでの時間はありませんでしたが、
ブザーが鳴ったことで、「何の音?」と目覚めることができました。

緊急地震速報とは(気象庁HP)より参照
緊急地震速報は地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を予測し、可能な限り素早く知らせる地震動の予報・警報です。

ただし、緊急地震速報には、情報を発表してから主要動が到達するまでの時間は、長くても十数秒から数十秒と極めて短く、震源に近いところでは速報が間に合わないことがあります。
また、ごく短時間のデータだけを使った速報であることから、予測された震度に誤差を伴うなどの限界もあります。

緊急地震速報は、テレビ・ラジオでは、基本的に電源が入っていない状態では受信できません。
専用端末もあるようですが、手元に置いてあることが多い携帯電話で受信できるというのは便利だなと思います。

携帯電話のキャリアや販売時期、機種により対応しているものと、対応していないものがあるようです。
また、対応機種でも、受信の設定が必要なこともあるようです。
下記に各キャリアの「緊急地震速報について」のリンクを記載しますので、確認してみてくださいね。

NTT ドコモ(平成19年12月より)
http://www.nttdocomo.co.jp/service/safety/areamail/index.html

au(平成20年3月より)
http://www.au.kddi.com/jishin_sokuho/

ソフトバンク(平成21年11月下旬以降に実施予定)
http://mb.softbank.jp/mb/information/details/090916a.html

緊急地震速報の訓練が平成21年12月1日に実施されるようです。
自分の携帯端末がどのように動作するか、どんな音が鳴るかなどを確認するいい機会になりそうです。
防災豆知識