ぴっぴの防災ブログ

絵本「あの日 ~おおつち保育園 3.11~」

2014年6月16日

 

あの日

岩手県おおつち保育園の絵本が届きました。

4年目を迎えた東日本大震災。記憶が遠くになっていませんか?あの日、テレビの映像に映し出された東北の姿は怖かったけれど現実でした。

その「あの日に起きた出来事、そしてその後」についておおつち保育園の園長が子どもたちの様子を語ったものを静岡市在住の日本画家の森谷晶子さんが絵・再話を行い、「静岡うみねこの会」が監修しています。

被災したのはもちろんおとなばかりではなく、小さな子どもたちもそれなりに大きな喪失感や痛手を負っていることが描き出されています。そして子ども自身も子どもなりに受け入れ心が次第に開放されていく姿があります。人が悲しみを受け入れていくのは、こんなふうでもあるのかと感じさせてくれる少しおとなの絵本です。

この絵本は書店で販売されておらず、「静岡うみねこ会」にFAX、または郵便で申込すると手に入れることができます。1冊600円

問合せ・申込先 〒420-0856 静岡市葵区駿府町1-70 

        NPO法人 静岡県ボランティア協会内 静岡うみねこ会

        TEL:054-255-7357  FAX:054-254-5208

<Hiro>