ぴっぴの防災ブログ

「キキクル(危険度分布)」

2021年9月4日

気象庁では警報・注意報が発表されたときに、実際にどこで「指数」の予測値が警報・注意報の基準に到達すると予想されているのかが一目で分かる「キキクル(危険度分布)」の提供を開始しました。

土砂キキクル(大雨警報(土砂災害)の危険度分布)

浸水キキクル(大雨警報(浸水害)の危険度分布)

洪水キキクル(洪水警報の危険度分布)

指数モデル

(気象庁ホームページ・キキクルの提供説明図 より)

雨水の動きを模型化し、それぞれの災害リスクの危険度を「土壌雨量指数」「表面雨量指数」「流域雨量指数」の「指数」を用いることによって、「雨量」だけで判断することなく、適切に評価・判断することができるようになり、より的確な警報を発表できるようになりました。

豪雨による被害が頻発しています。命を守る行動をとるために、日頃から公開<されている情報を目にする機会をつくり、いざという時に最大限活用できるといいですね。

<やまねくん>

 

防災豆知識