子育てのヒント

甘いものと虫歯

2013年4月25日

教えて歯医者さん子どもの歯Q&A

Q

一切甘いものを食べたり、飲んだりしなければ虫歯になりませんか?甘いものが好きなのでどうすればよいですか?

A

甘いものをまったく食べなくてもスナック菓子やご飯やパンなどその他の食べ物からでも虫歯菌は(歯を溶かす)酸を産生しますので、虫歯になる可能性は十分にあります。
またノンカロリー(ノンシュガー)のスポーツドリンクであれば虫歯にはなりませんが、100%野菜ジュースや果汁ジュースには糖分(果糖など)が含まれているため虫歯の原因となります。砂糖、果糖、ブドウ糖の表示があるものは注意してください。
しかし、これらの甘いものだけでは虫歯にはなりません。寝る前にきちんと歯を磨く、フッ素を使うなどを心掛けて虫歯を作らせないことが大事です。さらには甘いものを食べるときには、だらだら食べるのではなく時間を決めて食べることや、おやつの後には歯磨きをするかキシリトールガムを噛むなどすれば虫歯予防となります。しかし、甘いものばかりを多量に摂取することは、健康や発育に望ましくないので〝適量〟を心掛けましょう。

文/陽だまり佐野歯科院長 佐野陽彦先生

子どもの歯