子育てのヒント

かぐや姫弁当

2012年4月22日

毎年いただく京都・塚原産「とり市」の朝掘り竹の子

このあたりは土質が筍の生育に一番あっているそう。
なので、純白でやわらかくてえぐみがないのです。

もちろん!地元浜松のたけのこも◎!!
娘は、学校の裏の森でとってきたり、息子は参加しているみやこだ自然学校で掘ったりと自分でとる体験も。
子どもにとっては最高の経験です。

お弁当にも旬の食材をとりいれてみました!
竹から産まれた「かぐや姫弁当」です。
kaguyahime.jpg

土つきの筍。この筍がゆでるといつもみている筍になるんだね。
その過程をみるのも勉強になります。
たけのこ.jpg

☆レシピ☆
・かぐや姫
 1.うずら卵と胴体のウインナーを爪楊枝でつなぐ
 2.髪の毛と目口をのりでつくる
 3.薄焼き卵、きゅうりと椎茸で襟や服をつくってかぐや姫を包む
 4.筍を円くくりぬき、醤油、砂糖、酒で煮る。それをかぐや姫のうちにする

・月  さつま芋

<おかず>
・きんぴらごぼう(ごぼう、にんじん、小魚入り)
・高野豆腐
・酢レンコン
・昆布茶おにぎり  木の芽で飾りつけ
・プチトマト

アイディア☆キャラ弁・お弁当