子育てのヒント

杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう

2007年8月17日

杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう(かがくのとも傑作集)

シャボン玉表紙  杉山 弘之 杉山 輝行 =文と構成
  吉村 則人 =写真
  平野 恵理子 =絵

しゃぼんだまと思いっきり遊んじゃおうという本です。
一学期の終わりに、小1の教室で読み聞かせをしました。
ページをめくるごとに子ども達の大歓声があがって、
ワクワクした気持ちでいっぱいになる本です。

しゃぼんだまだまと遊ぶ子どもたちの写真、躍動感のあることば、
そして しゃぼんだまの上手な吹き方や、輪っかの作り方などをわかりやすく紹介してる文とイラスト。

しゃぼんだまとたわむれている子ども達の写真がすごくいいです。
無心にしゃぼんだまを吹く顔、キラキラ飛ぶしゃぼんだまを見あげる笑顔、
嬉しくて、飛んできたしゃぼんだまに思わず頭でタッチして。。。
「しゃぼんだまとおどってる」♪

2014030320630_shabon2.jpg

”しゃぼんだまは丸い輪っかで作るもの”というイメージをくつがえす驚きのページが真ん中くらいにあります!
『こんなのでもできる! れんこんでも ラッパでも あわたてきでも うちわのほねでも』 
子どもたちは このページが大好き!
「れんこんでも」「えーー!(^o^)」
「ラッパでも」「えーーーーー!(^O^)」
と驚きと笑顔の声がだんだん大きくなっていきます。

そして次のページ。。。『サンダルでもできる!』
もう子どもたち のけぞって大歓声です!

そして、どうしてそういうものでもしゃぼんだまが出来るのかちゃんと説明してくれてるところが すごく良いですね。
自分もいろんな道具を持ち出して、しゃぼんだまをやってみたくてウズウズしてきます。

夏休みになり、小1の息子と友達が 庭のプールの横でしゃぼんだまを作って、歓声をあげています。

皆さんも、お日様の下で、いっぱい遊んでくださいね(^^)

*本には載ってないのですが、『針金を輪にして、周りに包帯をグルグル巻いた輪っか」を作ると、しゃぼん液をたくさん含んでくれてオススメです。
やさしく振ると大きなしゃぼんだまができますよ♪
液も、薬局でグリセリンを一本買っておくと、じゃんじゃん遊べます(^^)
巻末に上級用の液作り方も載っていますが、もっと簡単なのを紹介します。
『500mlのペットボトルに、グリセリンを100ml、中性洗剤を100ml、そして上まで水を入れて混ぜればOK』割れやすかったら、グリセリンを少し足してみてください。



おすすめ図書