子育てのヒント

そらまめくんとめだかのこ

2008年10月2日

そらまめくんとめだかのこ  「そらまめくんとめだかのこ」

 なかやみわ 作   
 福音館


そらまめくんたちは、雨あがりの大きな水たまりでベットのおふねで遊んでいました。でも、そらまめくんは、ふわふわベットを水にぬらすのが嫌です。ところが、小川から流されて迷子になっためだかのこを見つけて、みんなで助けてあげることになりました。

めだかって絶滅危惧種になっているって知っていましたか?昔は、小川や田んぼのどこでも見ることができためだか。浜松周辺では、まだ見つけることができますが、東京では難しくなっているみたいです。我が娘、犬は苦手ですが、魚類は大好きで金魚やめだかを飼ってお世話をしていました。うちにいたのは、黒めだか・ひめだかそれに加えて、宇宙めだかも・・・。この宇宙めだかは、向井千秋さんと宇宙に一緒に行っためだかの子孫たちです。一時は、大小の水そうが10個程あって、卵・赤ちゃん・親めだかと種類別に飼っていました。観察記録をとったり野生めだかを探すため、近隣の市の小川や田んぼを親子で歩きまわったり、六本木ヒルズの毛利池での宇宙めだかの放流会に参加したりとたいへんなこともあったけど楽しいことも親子で体験することもできました。今でも会話の中に、めだかの話題があがります。これから秋・冬に向かい、めだかを見ることはできませんが春になったら是非めだかを見つけに行ってみて下さい。赤ちゃんめだかは、それはそれはかわいいですよ。

 

おすすめ図書