子育て耳より情報

ワークライフバランス、秘訣は「夫婦の会話力」

2013年8月1日

夫婦の会話力

「ワークライフバランス」という言葉がすっかり定着した昨今。
しかし、言葉とは裏腹に、実際のバランスはまだまだ取れていないのが現状です。
ぴっぴが行った聞き取り調査やアンケートでは、「パパの仕事が忙しく、育児はほとんどママ担当」、「産後、仕事に復帰したけれど家事との両立は大変」などの意見が寄せられました。

アンケートの中に、私たちはあるキーワードを見つけました。

  •  育児については夫婦で話し合い、気になることは相談することを心がけている(フルタイムママ)
  • 復帰後の生活について、パパと話をしながら進めていきたい(育休中ママ)
  • もっと夫婦で話す時間がほしい(パートタイムママ)

など、”夫婦の会話、コミュニケーション”の大切さを訴えるコメントが多かったのです。家事や育児をどのように分担するにせよ、夫と妻が話し合って納得しているとお互いの満足度が高い傾向が見られました。

そこで、「コミュニケーション」「さまざまな育て方、働き方」に焦点を当て、お話をうかがっていきます。

 

 

ワークライフバランスの新しいかたち

Vol.1 一週間を夫婦でワークシェアリング

一週間を夫婦でワークシェアリング

1週間の半分は夫の虎史さんが非常勤講師として中学校へ、残り半分は妻の順子さんが働きに出て、家事&育児も分担するというスタイルをとっている島津さんご夫婦。
夫婦の会話を常に心がけ、お互いの生き方を大切にしながら、生活をしているおふたりにお話を聞きました。

続きを読む


 

Vol.2 双子の姪っ子を、家族みんなで育児シェアリング

双子の姪っ子を、家族みんなで育児シェアリング

仕事で全国を忙しく駆け回る鈴木まり子さん。
そのかたわら、姪っ子の育児サポートもスマートにこなしていま す。
キーワードは、家族や友人を巻き込んでの"育児シェアリング"。その秘訣を取材してきました。

続きを読む

 


ワーク・ライフ・バランスとは

ワークライフバランス

それぞれの希望に応じて、「仕事」と、子育てや親の介護、地域活動等の「仕事以外の生活」の調和がはかれる状態をいいます。望ましいバランスは、人によっ ても違いますし、青年期・子育て期・中高年期といったライフステージによっても変化します。ワーク・ライフ・バランスの実現のためには、これまでの働き方 を見直すことがポイントになります。ワーク・ライフ・バランスが実現すれば、個人は、より充実した生活をおくり、成長しながら働くことができ、企業は、社 員の力を十分に引き出して、持続的に発展することができ、社会全体にも活力が生まれます。

参考:東京都生活文化局サイト  TOKYO ライフ・ワーク・バランス