TOPぴっぴのブログ子育てのヒントからだと心子どもをのびのび育てるためのほめ方・叱り方(2)

子連れでおでかけ

子育てのヒント

特集記事

お気に入り

子どもをのびのび育てるためのほめ方・叱り方(2)

何度言っても伝わらないとき

「ねー、ダラダラしないでちゃんとして!」「静かにって言ってるでしょ!」「きちんとお片付けしなさい」「いったい何回言ったらわかるの!」お母さんが何度言っても、子どもはどこ吹く風。相変わらずソファーの上でぴょんぴょん飛び跳ねたり、玩具をのらりくらりと遊ぶでもなく、出したり入れたり・・・特に急いでいる時などは、我慢の限界を通り越してしまいそうですよね。

2 娘に言い聞かせる父親.jpg

でもちょっと待ってください。その言葉、「ちゃんとして」がどういう行動をすることか、お子さんは理解してるでしょうか。「ちゃんとして」をお子さんがわかる言葉に変換してみてはどうでしょうか。
例えば「背中をピンと伸ばして、腕を体の横にピタってつけてみて…そう、いい姿勢になったわね。」ぴょんぴょんしてるお子さんには「ソファーはトランポリンじゃなくて、おしりを乗っけるものよ・・・そう、わかるよねー、できるよねー」こんな具合に、ちょっぴりユーモアを入れて、具体的にどうふるまうかを、解説するつもりで言い放ってみましょう。

言葉の魔法がかかればこちらのもの。「ほーら、座れたね。」とすかさず、今できた事への「認めの言葉」をかけてあげましょう。ここがポイントです。そしてそれから、褒めてあげましょう。褒められる喜びの感情を、薄紙を張って作る張り子のように、何枚も何枚も積み重ねていくのです。やがて不適切な行いをして叱られるより、大好きな人に褒められたい、褒められる行動をしようとする子へと、変化が起きれば大成功。

おまけのお話。大好きな人に注目してもらいたいという心理から、わざと不適切な行動をとることも・・・「その手には乗りませんよ~。」と冷静に冷静に、対処しましょうね。

文/みどりのもり都田 園長 下原直美先生

 

カテゴリー

このカテゴリの記事

pick up!

子育てのヒント
を検索

このページの先頭へ