いずみこども園

認定こども園 認定こども園(幼稚園機能)

いずみこども園

画像:いずみこども園
区・地域 東区 長上
所在地 小池町710
電話 053-434-4411
URL http://izumi-kai.ednet.jp/
園長名 林 幸洋
認定こども園の種類 幼保連携型
連携施設 いずみこども園(保育所機能)
教育標準時間 午前9時~午後4時
預かり保育(延長保育) あり(8時間・200日以上の要件を満たす)
------------
【実施日】
平日放課後、長期休暇(夏)
【時間帯】
午前7時~午前9時
午後4時~午後6時
【長期休業中の実施】
午前9時~午後4時
【利用料】
園にお問い合わせください
------------
新2・3号認定は預かり保育が無償化の対象となります
受入年齢 あり(満3歳の誕生月より)
※2歳児の入園受入はご相談ください。
休園日 土・日・祝日、夏・冬・春休み
利用定員 11名
≪年齢別内訳≫
満3歳 2名
3歳児 3名
4歳児 3名
5歳児 3名
入所に必要な認定区分 1号認定(満3歳以上)
入園料等 【入園事務手数料】
5,000円
保育料 保育料(1号認定)
※満3歳以上は幼児保育・保育無償化の対象です。
給食・お弁当 持参弁当 園外保育時あり
給食(自園調理)週5回
アレルギー対応 要相談
5,000円/月(うち副食費4,100円/月)
※給食費の無償化対象について
その他の保護者負担額 【毎月】
施設費 PTA会費 後援会費(任意) アルバム代・卒園積立費・特別保育活動費(5歳児)
1,000~2,000円
【その他】
体操服 保育用品 スケート料(4歳児)
特色 ・遊びを中心とした保育をおこなう中で子どもの成長・発達を促していきます。
・0,1,2歳児さんでは、常に丁寧な保育をする為に乳児は担当制保育を行います。担当制とは、子どもにとって、いつも世話をしてくれる人が決まっている事です。そのため情緒の安定が得られ、深い信頼関係、豊かな人間関係を築くことができ、保育者は担当する子の個性や特徴を深く見る事ができ、より丁寧にその日の体調や情緒などに配慮した保育ができます。
・3,4,5歳児さんでは、生活習慣が自立した中で、仲間・集団・社会での生活ができるようになるときです。集団生活の習慣や仲間関係の習慣を遊びを通して経験を積み重ねながら体験していくことで、「人、社会、道具」に関して適応できる力を身につけていきます。
遊びを通してルールを学ぶことで、子どもたちの社会性や協調性、そして学習能力(基礎的学習力)を発達させていくと考えます。
また、在園児に限り、学童保育の実施もお受けしています。
方針 生きる力の基礎を育む
 子どもが安心して過ごせる環境を作る中で、一人ひとりを大 切にし、丁寧にかかわる
 落ち着いた環境の中で主体的な遊びを保障し、自己肯定感を 持つ
 地域の保育ニーズに答え、育児支援を行う
仏様の教えの中、人に対する思いやりの心やおかげさまのこころを大切に育て協調性を持った心の優しい子
保護者の活動 PTA役員
送迎方法 保護者による個別送迎
駐車場 あり(送迎時の利用)
未就園児対象の行事 入園説明会(8月頃)
園庭開放(毎日)
見学・参加出来る行事(夕涼み会、運動会等)

いずみこども園は、園児同士がみんなとても仲が良く、自然と年齢の上の子が下の子の面倒を見るようになっていくのが素晴らしいと思います。また、仕事をしている私たち保護者への配慮からも先生方のやさしさが伝わってきます。

地図

検索結果一覧へ戻る

ワクチン略称の詳細