ひらくちかえでこども園

認定こども園 認定こども園(幼稚園機能)

ひらくちかえでこども園

区・地域 浜北区 浜名
所在地 平口160
電話 053-585-1701
URL http://www.meisei.or.jp/kaede/
園長名 齋藤 澄恵
認定こども園の種類 幼保連携型
連携施設 ひらくちかえでこども園(保育所機能)
教育標準時間 午前9時~午後3時
預かり保育(延長保育) あり(8時間・200日以上の要件を満たす)
------------
【実施日】
平日放課後、長期休業中(夏・冬・春)
【時間帯】
午前7時~午前9時
午後3時~午後6時30分
<長期休業中>
午前9時~午後3時
【利用料】
園にお問い合わせください
------------
新2・3号認定は預かり保育が無償化の対象となります
受入年齢 3歳児~就学前
休園日 日・祝日、夏・冬・春休み
利用定員 9名
≪年齢別内訳≫
3歳児 3名
4歳児 3名
5歳児 3名
入所に必要な認定区分 1号認定(満3歳以上)
入園料等 【入園準備金】
10,000円
保育料 保育料(1号認定)
※満3歳以上は幼児保育・保育無償化の対象です。
給食・お弁当 給食(自園調理)週5回
アレルギー対応 可(要相談)
6,000円/月(うち副食費5,000円/月)
※給食費の無償化対象について
その他の保護者負担額 【毎月】
保護者会費 オムツ代(利用者のみ)アルバム代
500円~3,000円
【入園時】
体操服
特色 ・0歳クラスから2歳児クラスの途中までは担任の中にもその子の生活面を支える育児担当(担任)がいます(育児担当制)。担当(担任)との深い人間関係を結ぶ力を育てることが目的です。育児担当保育をとおして、子どもたち自身、自分が大切にされていることを実感することが、自己肯定感、自尊感情を育てていくことにつながっていきます。
・年少中長は異年齢クラスとなっていて、クラスの人間関係の中で育ち合ったり、学習し合ったりする場を大切にしています。
・子ども一人一人が本来、持っている可能性を最大限に発揮することを目指して保育をしています。
方針 【理念】
人間への基礎づくりとしての豊かな創造性と感性を育てる
・体験を通して子ども自身が自分で身につけ、学ぶ能力の基礎を養う
・ 自分の頭で考え判断し、自発的に行動のとれる子に…
教育の精神
・望ましい保育環境を作り
・適切な言葉がけを開拓し
・豊かな人間形成をめざす
保育方針
・各年令の発達の特徴をよくとらえ、0歳から就学までの一貫性のある保育。
・発達の個人差を受け止め、一人ひとりの違いが大切にされ、その違いが育ち合いを生む保育。
・実体験を通して創造性や豊かな感性を養う保育。
・子ども一人ひとりをあたたかく受容し安定感と信頼感を持って活動できるよう、心身共に健康的な生活をめざす保育。
・少子化、核家族化による子育て環境の変化を受けとめ、異年齢集団の関わりの中で子ども同士の育ち合う関係を大切にする保育。
・働く女性の増加に伴ないその子育てと就労を支え、家庭の育児機能の高揚を図るとともに、地域の子育て家庭へも支援活動の強化に努める。
〇一人一人の子どもの心を育てる保育
・基礎体力を養い健康で活動的な子
・まわりの環境に興味関心をもち集中しながら意欲的にとりくめる子
・想像力が豊かな子
・自分の力を役立て仲間を思いやれる子
・主体性のある行動と積極的に役割を果たせる子
〇充実した生活環境づくり
・秩序のある、よい生活習慣を身につける保育
・生活を基盤とした異年令のクラス集団の中で秩序を保ち、
 社会性を養い、子ども同志が育ち合える生活環境を整える。
〇実体験で感動する心を
子どもは日々、あそびを通して感動し、発見し、そして喜びそこに仲間が生まれ、その中で成長していきます。自然や社会の真実性に触れる保育をめざしています。
保護者の活動 保護者会
送迎方法 保護者による個別送迎(車可)
駐車場 あり(送迎時の利用)
未就園児対象の行事 入園説明会(8月頃)
親子ひろば(毎週火・木曜日 9時30分~11時30分)
園庭開放 (毎週火・木曜日 10時30分~11時30分)
見学・参加出来る行事(バザー、夏まつり)

・とても温かい家庭的な雰囲気の中、毎日優しく迎えてくれました。
・年少中長の異年齢クラスでは、年長さんが、一緒にたくさん遊んでくれたり、時には着替えや支度を手伝ってくれて、憧れのお兄さんやお姉さんがいっぱいいる中で過ごせました。子どもの育ち合う関係が素敵です。

地図

検索結果一覧へ戻る

ワクチン略称の詳細